« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の記事

2014/01/13

Happy New Epiphone! Vol.2

年末にお迎えしたEpiphone Wilshire 1962 Reissue
これの付属品がなかなか凝っていて面白い。
もちろん最近のギブソンのヒストリック・コレクションではお馴染みなんだろうけど、僕は何せヒスコレなんて買うの初めてで、最初で最後だろうから、はしゃいでいるのである。

L1200887_800

まずはグレーのEpiphoneロゴ入りハードケース。
グレーなのが'60sぽいし、内装のブルーもシックだ。TKL製。
外観はリッケンバッカーのケースに似ている。

そして細々とした付属品。
写真の左の方から、なぜかTシャツ、シリアル入り認定証、ピック5枚。
ピックはちょうどいい形と硬さなんだけど、使うのがもったいなくて未使用。
真ん中左上は、当時のを再現したタグ。これはカッコいいので額にでも入れたいくらい。
他は現在のギブソンの保証書など。
右のはストラップとカールコード。
ストラップは柔らかい革製で使いやすそうだけど、使っていないストラップがあるので未使用。
カールコードは確かに'60sぽくていいんだけれど、、、、短い!
アンプから1mも離れられなさそうではないか!
まあカールコードも前に買ったVOXのやつがあるので、未使用。

結局どれもこれもケースにしまったままになるのだけど、付属品だけでも結構楽しめる、ウィルシャーさんなのである。



これは海外の楽器屋の上手な人のデモ。うまい人が弾くとこんな音が出るそうです。

| | コメント (2)

2014/01/05

Happy New Epiphone!

確かに僕は2009年1月に物欲がない宣言をしている。
でも、たまに欲しいものも出てくるわけで、昨年末に新しいギターを買ったのである。

明けましておめでとうございます。
細々と続けている、本ブリグです。

L1200872_800

エピフォン・ウィルシャー。
2009年にギブソンからリイシューされたやつである。
この地味でマイナーなギターがリイシューされたことは当時から知っていたが、自分が買うものとは全く思っていなかった(主に価格的な理由で…)。
それが今回、手の届きそうな価格で投げ売られていたので、妻との慎重な交渉の末、入手に成功したのである。まことにおめでたい。

さてこのギター、マホガニーのボディにP-90の組み合わせという、レスポール・スペシャルのようなスペックなんだけど、洗練されたレスポールやSGに比べると、なんともクニャクニャとした形で、垢抜けない。
でもそこがいかにもエピフォンらしく、たまらない。
トラディショナルなフルアコやセミアコだと貫禄のエピフォン!なのだが、ことソリッドとなると、途端にビザールっぽくなるところがなんともお茶目なエピフォンである。

L1200870_800_3

1962年のリイシューなので、ヘッドはファットヘッド。
ポール・マッカートニーのカジノのヘッドでおなじみのスタイルだ。
Epiphoneのロゴはもう少し細くて繊細な感じだともっと雰囲気が出るのだけれど…。
ナットは幅広で、ネックのグリップも握り応えのある、丸太!という感じ。

L1200867_800

このちっこくて変な形のギター。
もうかわいくて仕方がない。
僕も早くうまくなって、爆音で掻き鳴らしてやるからな!

| | コメント (3)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »