« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年11月の記事

2013/11/24

住みたい家。

L1200739_800

これまで家づくりを計画してきて、段階に沿っていろいろ検討を重ねてきた。
ざっくり言って、まずは間取り、次に設備、そして内外の仕上げ。
ここまで約10カ月。いろいろ考えてきたが、一番迷い、考えたのが、外観を含む全体の雰囲気。
自分の住む家を建てる以上、やっぱりカッコいい家に住みたいものである。
でも、カッコいい家とはどんな家なのだろうか。
人並みに、書店で建築雑誌や地域の実例集なんかをひと通り眺めてみる。
おしゃれな家々が次々出てくる。

スタイリッシュモダンな家。
箱のようなすっきりとしたデザインがスタイリッシュでモダン。
触れれば切れそうに直線的なデザインで、内装もシュッとした色遣いで、ダイニングなんかはもうバーみたいな感じなんですよね?
水道の蛇口とか、ドイツ製だったりするんですよね?
施主支給!なんて言って。
でも残念ながら、僕はそんなにスタイリッシュでモダンな人間ではありません。

南欧風。
なんとなく白壁で、レンガ色の瓦が乗ってて、アーチなんかもついてて、屋根の下あたりには鉄製のぐにゃぐにゃっとした飾りがついていたりするんですよね?
シャビーな雰囲気を出したり、ドアにはステンドグラスをはめ込んだりして。
でも残念ながら、僕は南欧に行ったことがないので、南欧がどこのことを指すのか、南欧風がなんなのかも知りません。

数寄屋風。
デーンと門が構えてて、デーンと鬼瓦が乗っていて、壁は黄土色やくすんだウグイス色なんですよね?
頑固な爺ちゃんなんかも標準装備で、お嫁さんとけんかしたりするんですよね?
でも残念ながら、僕はお茶を嗜みませんし、うちの土地は狭く、僕の爺ちゃんもいません。

その他白っぽくて背が高い家。
屋根は片流れで、半分3階建てでスペースを有効活用できて、家事に育児に大忙しなパパやママ大助かりの家なんですよね?
パパのための2畳くらいの書斎や、ママのためのパソコンスペース、親子で勉強できる机が廊下にあったりするんですよね?
白っぽいから、なんかおしゃれげですよね。
コストもそこそこ、住みやすさ満点、いいですよね。

とにかく、どの家も「おしゃれ」だ。
雑誌に乗るようなお家だから当然なのかもしれないが、どれも「おしゃれ」で住みやすい「理想」の家だ。
だが残念なことに、どの家も自分たちが住むことをイメージできない。
自分たちがそこに住んで、最も違和感がなく、落ち着く雰囲気をよーく思い描いてみる。

僕も妻も、ものごころついたときから日本人なので、やっぱり和風だ。
それも数寄屋風とか豪勢なやつじゃなくて、町家のような庶民の家。
我々はこれまで、各地の城下町や宿場町を訪れて、そこにある街並みや建物に大いに親しみを持つようになった。
そして、それらの建物のディティールが持つ背景や歴史。
我々が南欧風に住む理由はひとつも見つけられないが、こういった家に住む理由、住みたいと思う理由は、ありそうだ。

| | コメント (0)

2013/11/18

ポール以前、マッカートニー以後

1475958_542744849140703_175143758_2

ポール・マッカートニーが日本へ来るというので、当然見に行った。
当然とは言うものの、見に行くにはチケットが必要で、そのチケットは抽選だった。
はじめは東京公演に応募した。
厳正なる抽選の結果、「残念ながらチケットをご用意することはできませんでした」というメールが来た。
まあ仕方がない。
次に最終先行予約というやつで、もう一度東京公演に応募した。
再度前回と同じ内容のメールが来た。
残念だが仕方がない。ネット上ではファンのブログなどで当選の報告が見られるようになった。
もともと、前回日本に来た時には、実際に見に行ける人は極限られた人で、自分がそのなかに入るという現実感というものが全くなかった。
今回もたまたま応募しただけで、実際に行けるという期待感は、宝くじを買うのと似て、薄かった。

999632_542745092474012_346103031_n

その後、大阪公演も決まったという。
応募するのは簡単なのでこちらも応募した。
結果は同様。
さすがに3度目となると悔しい。
就職の選考に漏れたときにも何度となく受け取ったが、この落選のお知らせというものは、当事者の切迫感と比べてあまりにも温度差があり、何とも冷たい。
まあ、この手のお知らせは事実のみを伝えれば用は足りるのであって、変に温かい文体でも不自然ではあるのだが。
ただ、こちらも悔しいとなると、チケットを手にした人に対して嫉妬心も生まれてくる。
しかし、もし本当に手に入れたいのであれば、方法は他にもたくさんある。
エクストラの料金を払い、チケットと宿泊がセットになったツアーも用意されている。
日々のこまめな情報収集を行い、他のプレイガイド、ポール公式HPなどから応募する方法を探すこともできたはずだ。
ファンクラブに入り、そっち経由の方法もあるだろう。
要は、僕の努力が足りなかったというだけだ。

そんななか、一緒に応募していた友人が大阪公演に当たった。
これはもう、幸運というほかなかった。
こうして、僕が14歳の時にビートルズと出会い、好きになって以来20年目という節目に、ありがたいことに、本当に幸運なことに、ポール・マッカートニーを実際に体感できることになった。

1458664_542745139140674_572304920_n

「百聞は一見に如かず」
「聞」ということに関しては、この20年間、ほとんど毎日彼の声は耳に入れてきたはずである。
毎日というのが大袈裟なら、5日に4日は聞いている。
すると、365日×20年×4/5=5,840日は聞いている計算になる。
「見」ということに関しても、今でこそYouTubeという信じられないほど便利なものがあるが、昔はビデオに撮ったなんかの特番やライブの同じ場面を、何度も何度も繰り返し見たものだ。

しかし、過去の自分には誠に申し訳ないが、実際に「体感」するのは、「百聞」も「一見」も遥かに超えていた。
S席とは言えステージは遥かに遠かった。
肉眼ではポールの表情を読み取ることはできない。
だが、それでもポールは同じ会場にいて歌い、ヘフナー・500/1ベースを、ギブソン・レスポールを、エピフォン・カジノを弾き、我々に向かって語りかけたのだ。

1465388_542745082474013_1315498592_

世界中に無数にいる一ファンのありがちな思いに過ぎないが、この体験は自分の人生のなかの大きな画期のひとつであり、あまりにも幸福な時間のひとつであることは間違いなく、平成25年11月12日を境に、それ以後の僕は、「ポール後」の僕になってしまったのである。

| | コメント (2)

2013/11/10

ポール・マッカートニー!

Paulmain130713

いよいよポールが来日!
さあさあ、明後日は大阪だ!!
日常の様々に埋もれて実感がないまま、まだ先だと思っていたその日はもうすぐそこに。
もし直接会ってしまったらどうしようと、いらぬ心配。
(その時のために、一応ヘフナーのピックガードは隠し持っていく)

これまでいくつもの場面で僕を変え、僕をひっぱってきたビートルズ。
その一員であった彼を、ついに直接見て、聴いて、体感する12日夜を境に、確実に僕はまた変わるだろう。

| | コメント (3)

地鎮祭

1459217_537004006381454_813297394_n

先週はようやくうちの地鎮祭。
土地の造成が先月末で完了し、決済も済ませ、いよいよ僕のものになったのだ。
僕のものになったとはいえ、ローンやら何やらあり、額もこれまでになく大きいので、そのような実感には乏しい。
とにかく工務店との契約後、ずっと土地の造成完了を待っていたので、やっとここまで来たかという思いである。
もう明日にでも建ててもらいたいところだが、物事には順序というものがあるのだ。

当日は前夜からずっと激しい雨。
神様たちが荒ぶれている。
神主さんが出前のような箱からいろいろ出して、手際良く祭壇の支度を進めていく。
この神主さん、この工務店では毎度おなじみな人で、工務店のHPの地鎮祭の記事にも幾度となく登場していて顔を知っているので、初めて会った気がしない。
地鎮祭は滞りなく済み、神主さんは準備以上の手際の良さであっという間に祭壇を撤収し、去って行った。
その後、設計士さん達と風呂とトイレのショールームへ。
既に決めていたものの現物確認に過ぎないので、風呂の壁の色を決め、トイレの色を決めて、完了。
いたって簡単なものである。

さあ、これからいよいよ家が建っていく。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »