« 踏切 | トップページ | 快速独逸阿房列車 その1 »

2012/09/14

独逸阿房列車運行中止のお知らせ。

3年前から細々と運行を続けており、最近ではほぼ停止状態だった独逸阿房列車は、後続列車からの追突の恐れが生じたため、運行を取りやめることとなりました。

後続列車は、明日運行開始予定です。

という訳で、再びドイツへ行ってきます。
僕のM2は1962年製なので、ビートルズと同じく、今年はちょうど50周年記念になります。
M2、50歳にして里帰り。

|

« 踏切 | トップページ | 快速独逸阿房列車 その1 »

16.おでかけ」カテゴリの記事

17.独逸阿房列車」カテゴリの記事

コメント

何事かと思いました。(笑)

ドイツ、一度行ってみたいんですけどね。
どんな国なのかなあって。
ただ、言葉が心配で。
大学時代に一般教養でドイツ語をとってましたが、まあひどい授業だったし(笑)今ワンフレーズ浮かんだのは「イッヒ・リーヴェ・クーヘン」とか「グーテン・モルゲン」くらい。^^;)
中学英語以下ですね。

M2で撮ってたら、声かけられたりするんじゃないですか?


山形名物、玉こんにゃくと芋煮は、ウチでは定番でしたよ。
でも、米沢牛を食わしてもらったことはないです。(笑)

投稿: roro | 2012/09/14 20:04

コメント書いた頃にはもう出発してるかな?長旅お気をつけて!ドイツは技術屋としても興味があるなぁ。BMWとかシェフラーとかヘフナーとかワーウィックとか・・・。向こうの方々はほとんど残業しないって聞くけど、それであれだけの製品を短期間で作り上げるんだからほんと凄いよね。根本的にものの考え方が違うのかなぁ。
また土産話や写真楽しみにしてます♪

投稿: kim | 2012/09/15 21:58

無事に帰ってまいりました。

>>roroさん
僕も言葉は全然ですけど、なんとかなりますよ。
基本的な挨拶だけドイツ語を使うと、とても喜んでくれますし。
後は適当な英語風で(笑)。

ドイツでもデジカメはキヤノンかニコンの一眼がほとんどでした。
特にキヤノンのEOSはほんと普及してて、キヤノンすごいな!と。
ライカなんて若者は多分知らないんじゃないかな。
声をかけてきたドイツ人も、爺さんばっかで、しかもドイツ語で何やら嬉しそうに
喋るだけ喋って、満足そうに去っていくだけだから、会話もできませんでした…。


>>kimち
今回は兄に連れられて、ポルシェ本社そばの、ポルシェミュージアムに行ってきたよ。
技術的なことは良くわからないけど、何かにつけてドイツ人は
徹底的に作り込んでいる感じはしたなあ。
シェフラ―って全然わからなかったけど、ベアリング?の会社?
マニアックだなあ!

写真はおいおいアップして行くので、暇なとき見てみてね!

投稿: brix | 2012/09/23 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 踏切 | トップページ | 快速独逸阿房列車 その1 »