« 家具のブリヤ 7品目 | トップページ | ノルウェイの森 #2 »

2012/08/19

エムニ!ズミクロン!!

L1160375_800

ふとしたことから、思いがけずM2とズミクロンを手に入れることになった。
ふとしたことから、なんてシレっと書いているが、実はかなり興奮しているのである。

写真館をやっている親戚がいて、その伯父さんがドイツ人と交換したかなにかで手に入れたという、あやふやな経歴を持つこのM2とズミクロン。
目下家の中を整理中という親戚のところで、今後も飾りとされる予定だったところを、急遽現物を見に車で駆けつけ、破格で譲り受けてきたのだ。

シリアルナンバーによれば、M2は1962年製、レンズは1957年製。
これらはまさにライツ社の絶頂期に造られた写真機とレンズ。
残念ながらM2の状態はあまり良くはなく、1/8以下のスローシャッターは粘って切れない。
シャッター幕にもカビらしき痕が。
二重像にもプリズム異常で細かなヒビが見られる。
実用とするには、オーバーホールが必要だろう。

L1160385_800

ズミクロンの方は、後玉や内部にチリや汚れが年式相応に見られるものの、前玉は丁寧に拭いたらきれいになり、ほぼ新品同様に。
このズミクロン、所謂近接ズミクロンだが、接写用アダプターは残念ながら無し。
けれども、通常使用には何の問題もないし、金属製のレンズキャップもちゃんと残っていた。

L1160387_800

M6と並べてみると、材質、加工の違いがなんとなくわかる。
確かによく言われるように、M6には往年のボディの持つ重厚感のようなものは希薄であるように思えなくもないが、その年の差は30年。
逆に、30年もの間よく大きな変更もなしにそのスタイルを守れたなあ、という感じの方が強い。
それは現行のM9にも言えるのだろう。

L1160390_800

これまではずっとZMマウントの国産カールツァイスのプラナーを使っていたので、全くおんなじ50mmf2のレンズがもう1本増えたことになるけど、50mmはお気に入りなので、今後も他の焦点距離には手を出さず、50mmのみで続けていってみようと思う。
ただこのズミクロン、造りが異様にしっかりしているのはいいのだけれど、重いのなんのって、プラナーの倍くらいに感じる…。
プラナーも金属製の立派なレンズなのに。

|

« 家具のブリヤ 7品目 | トップページ | ノルウェイの森 #2 »

14.かいものほしいもの」カテゴリの記事

02.Leica」カテゴリの記事

コメント

キターーーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!!
M3じゃなくて、まさかのM2!! しかもズミクロンセット!!
興奮、わかりますよ。(笑)

M型2つもちで、かつ50mmを2本、それもライカとカールツァイスなんて、羨ましい!

それにしても、ご親戚にそんな方がいらしたんですね。
道理で、という感じがします。ご血統でしょうか。
飾りにしちゃもったいないですよね。
ライカこそ「使ってナンボ」の代表だと思うし。

こういう記事を見ちゃうと、コンデジ2つもち(ちょっと前に、Canonのコンデジを懸賞で当てました)で「もう充分」と思ってる自分が、身分相応だしそれでいいんだけど、なんかなあ。
まあ、ようやっと「物欲がほぼゼロ」になったし、現実としてM型にせよなんにせよ、カメラに限らず、金銭的に無理ですが。^^;)

Canonはjpegしか撮れないけど、画質を最高に設定するとD-LUX3のそれを超えるので、D-LUX3はRAW専用機として使っていて、SDカードをclass10にしたのが、自分的には、最近の贅沢です。(笑)

投稿: roro | 2012/08/20 17:38

roroさん、キマシタヨ!
M3には憧れますが、実際M4以前の機種ならM2がいいなあと思っていたんです。
シンプルで爽やかだし、正面のエプロンのデザインもクラシックで好きなんです。
フィルムカウンターも手動でリセットなんて、超アナログだけど、メカニカルでカッコいいし。
でも、ほんとに偶然でした。
その親戚が、どうも昔の道楽家?(語弊があるかも知れませんが)だったようで、
いろんなエピソードがあるんです。
でも、こういったモノを、単に中古屋で買うのではなく、親戚から受け継ぐ、ってのに、
なんか魅力を感じました。いい体験です。
決して状態のいい個体ではないのですが、愛着が持てそうです。

ところでroroさん、懸賞でカメラなんて凄いじゃないですか!
僕はD-LUX3でRAW撮影はしたことないですけど、使い込んでいますね!
写真を撮るのに本来カメラによる違いなんてないんだと思います。
けど、けど、万一物欲が再起動した際には、どうですか(笑)?
ちなみに写真館の親戚は最近はもっぱらFUJIのX10を使っているそうです。
X100に始まるあのシリーズには、ちょっと惹かれますね。

投稿: brix | 2012/08/20 22:27

いやいや、再起動はしない(できない?)と思います。^^;)
しかし、ご親戚からっていうのは、本当にロマンティックというか、縁なんでしょうね。

> 写真を撮るのに本来カメラによる違いなんてない

おっしゃる通りですね。
最近、図書館で借りてきた写真集的なもので、多分この人は同じようなことを考えて撮ってるな、っていうプロの方にはじめて出くわしたんです。
その方は40年ライカ(M型?)に広角、っていう画角でずっと撮ってきたらしくて、俺もD-LUX3で広角から入ったじゃないですか?
だからなのか、写真がすごく似てるんですよ。(笑)
当然プロの凄さはあるし、違いはあるけど、最初のカメラとか、長年の撮り方とか、カメラによって左右される要素もあるんだな、と思いました。

FUJIのXシリーズは、確かにミラーレスとか一眼以外の選択肢って考えたときに、最高位に属するのかなと思いますね。
プロ仕様ですよね。

ところで、懸賞に関してはちょっとマニアっぽいというか。(笑)
自分なりにですけど、ノウハウあるし。^^;)

投稿: roro | 2012/08/21 12:57

>roroさん
懸賞にノウハウ!?
そんな特技?お持ちなんですね!

妻がたまに送っていますが、なんにも当たったためしがありません…。

投稿: brix | 2012/08/25 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家具のブリヤ 7品目 | トップページ | ノルウェイの森 #2 »