« 4001V63探しの巻① | トップページ | 4001V63届くの巻 »

2012/02/12

4001V63探しの巻②

今ひとつ決め手に欠ける4001V63探し
今月中に東京に出張する予定があるので、その際に寄り道して探そうか。
しかし、買うと決めた以上、すぐにでも欲しい!
あれこれ逡巡していたが、思ってもいなかったところに状態の良さそうな個体があった。

Mvc703l_640_2

見つけた先はニューヨークの楽器屋さん。
僕でもその名を知っている有名な楽器屋さんで、ポール・マッカートニーのへフナー500/1のリペアを手掛けたことでも知られている。
そこに「in excellent condition」の1989年製が1本、あった。
でも、国内の通販だって楽器に関して言えばリスクがあるのに、遠く離れたアメリカからなんて、ギャンブルだよなあ…。
第一、どうして良いのかわからぬではないか。
けれども、理想通りの年式、カラー、状態。
一度目にしてしまった以上、気になって毎日アクセスしてしまう。
これで売れちゃったら確実に後悔しそうである。

とりあえず、思い切ってメールを出してみた。
「吾日本国在住也。発送・販売の可否如何。楽器の状態は良さげなれども、ロッド等の状態如何」
すると翌朝早速返信があり、「万事OKなり」との由。
これで、「ヘイヘイ!リッケンバッカーをそんな極東の島国に送れるかってんだ!円高だからって調子に乗ってんじゃないぜジャパニーズ!」
とでも返信されれば諦めもついたのだが。
これでは後に退けなくなってしまうではないか。

「吾欲各所詳細写真及運賃等見積」
送料はやはり高額だ。
しかし、大事なギター。安全かつ早急に送ってくれるなら、多少は仕方のないところ。
低コストだが怪しげな運送会社を使われて、ケースを開けてみたらネック取れてました、では困る。
その後何度かメールをやり取りし、たくさん追加写真を送ってもらい、細かいところを確認。
あとはこちらの意思表示でホールドにするか、やめるかというところで、一旦考えた。

条件に合致する#4001V63を国内で探すのは簡単ではないが、もちろん不可能ではない。
アメリカから買う送料やその他手数料分の経費を掛けて、東京に出張って自分の足で気長に探せば、実物を確認できるし、なにより安全だ。
多少状態の劣る国内の個体を買って、リペアに出したってアメリカから買うのと同じくらいのコストで済むはず。
いろいろ考慮すれば、いくら状態の良いのがアメリカにあるといっても、それをリスクとコストを抱えながら買うのは賢明で合理的ではない。

けれども、賢明な判断も合理的な判断もできなかった。
これまで未経験の海外からの個人輸入、というのもいい経験になりそうだし。
なにより、もうこれが欲しくなってしまったのだから。
これで失敗しても、所詮はギターを買うだけのこと。
失敗しちゃったな…、今後気をつけよっと。あぁでもまたお金貯めなきゃな…、くらいのことである。

僕はこの4001V63を買うことに決めた。

|

« 4001V63探しの巻① | トップページ | 4001V63届くの巻 »

14.かいものほしいもの」カテゴリの記事

07.GUITAR & BASS」カテゴリの記事

08.Rickenbacker」カテゴリの記事

コメント

ああ、わかるなあ、その気持ち。(笑)
出会ってしまったモンは、もうしょうがないですよね。
縁というかね。

俺も自分で直さないといかんなあと思う欠点として「これだ!と思ったら、手に入れずにはおかない」癖があって、欠点と言ったらbrixさんに失礼になるけど、性格的に似通ったところがあるんでしょうね。
あるいは、男一般に特有の、モノに対する執着の仕方なのか。

でもいくら有名店でも、アメリカからで、モノも観ずに・・・って考えると、やっぱ怖ぇなあ、というのが俺の本音なので、brixさん、思い切りましたね。
でもそういうのが当たったりするときも、事実あるんだよなあ。

投稿: roro | 2012/02/14 21:58

僕も今回はここまで執着できるものか、って思いましたよ。
まさか海外からこんな大きなモノを買うなんて、熱に浮かされているようでした。
でもあんな状態の良さそうなやつを見つけてしまっては…。
確かに思い切りました。
結果、当たりでしたよこれは。
ひやひやしましたが、円高もあり、今しかできない買い物だったなあと思ってます。

投稿: brix | 2012/02/19 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4001V63探しの巻① | トップページ | 4001V63届くの巻 »