« E-930TD 3カ年計画④ | トップページ | 平成24年。辰年。 »

2011/12/18

E-930TD 3カ年計画⑤

もう頭の中はリフィニッシュから帰ってきたES-930J改め、「E-930TD」でいっぱいなのである。
タイトルは「3カ年計画」と銘打っているが、予想外にことは速く進み、ほぼ完成。

2点止めロッドカバーの自作に始まり、ブルーラベルを自作し、ビグスビーを付け「E-930TD 3カ年計画①」が始まり、その後約9カ月、その間飽きずにブルーラベルを作り直したりしつつ、僕のES-930Jはすっかり姿を変えてしまった。
もはや「計画」ではなく、ほぼ完成に近い。
後はビンテージスタイルのフラット「E」ロゴを備えたピックガードと、プラスチックサドルのブリッジへの交換を待つばかりだ。

L1150179_640

プロにお願いしたのだから当然と言えば当然なのだけど、改めて、いい色にしてもらえた。
昔お茶の水の楽器屋で、1964年頃のビンテージのエピフォン・ソレントを見た。
薄暗い店内で鈍く輝くそのギターは、何とも言えない貫禄を持っていて、ロイヤルオリーブの独特な緑色も、他のどのギターにもない絶妙な色合いで何とも魅力的なギターだった。
店員さんに「弾いてみます?」と言われ、「欲しい!!」と思ったが、もちろん僕のようなペーペーが買うようなギターではなかった。

さて、ビートルズと言えば憧れのエピフォン・カジノであり、ポールの62年製の黒が濃いサンバースト、ジョージの64年製の薄茶のサンバースト、ジョンの65年製のその中間の色味のサンバースト、どれもみな魅力的ではある。
けれども、カジノのイメージを持ちつつ、そこから外れたこのES-930Jに似合うのは、ロイヤルオリーブ、一択(などと言いつつけっこう迷っていたのだけれども…)。
ビンテージエピフォンのカラーのひとつ、ロイヤルタンは最近「1961CASINO」で復刻されたが、ロイヤルオリーブは今のところ一度も復刻されていないから、リフィニッシュのしがいもあるというものだ。

フロントを甘く歪ませ、クリーム期のクラプトンや、アップル・ビル屋上のジョンレノンをイメージしたような音も、リアをギンギンに歪ませて「ホワイト・アルバム」期のポールのような音も、アンプ直でフロントのみ鳴らしてアダルトなジャズっぽい音も、そのように僕が弾けるかどうかはこの際どうでもいいとして、どんな音でも自在にイメージできる、実にいいギターになった。
このギターは、ずっと手元で大切にボロボロにしていきたい。

|

« E-930TD 3カ年計画④ | トップページ | 平成24年。辰年。 »

07.GUITAR & BASS」カテゴリの記事

09.Epiphone」カテゴリの記事

コメント

ギターのディテールとかは全然わからないので、何をどういじってるのかはよくわかりませんが、とにかく、見れば見るほどかっこいいギターですね。
個人的には、最近クラプトンの偉大さがわかりはじめてきたので(遅い!(笑))是非「クロスロード」を弾き倒してほしいところです。

ウチのDAW環境ですが、オーディオI/Oはだましだまし、まだ使っていますね。
完全にノブが壊れて、ペンチでときどきいじってやらないといけないんですが、最近96kHzで作業できることに気づいたんですよ。
これも遅い!って感じですが。(笑)

さしあたりiTunesに貯めてある音源をいろいろ聴いてみたら、今まではI/O側も48kHzで聴いてたわけですが、ソースは16bit/48kHz/AIFFで同じものなのに、I/O側で96kHzにアップすると全然鳴りが違うんです。
ハイエンドまで伸びるのはもちろんですが、音場感というか、広がりがでますね。
ただ、その分音の塊がどん!とくる感じではなくなるし、まとまりとかミックスのしやすさで言えば48kHzのほうがいいのかもしれないけど、1度この96kHzに慣れてしまうと、もう戻れません。(笑)

なんか脇道へそれてしまいました。
で、I/Oは買い替えようと思ってますが、どうせ買うならいいもの、かつ今後も長く使えるものということで、MOTU製品でFireWireとUSBの両方の端子で使えるものを狙っています。
AppleがThunderbolt端子をこれから推していくと思うので、FWは廃れていくでしょうし、MOTUなり他のメーカーがThunderboltに対応したI/Oを出し始めたら、恐らくFW/USBのI/Oは「型落ち」になって安くなると思うので、それまで辛抱強く待とう、貯金しておこう、と思ってます。

長文失礼!

投稿: roro | 2011/12/23 17:00

ところでbrixさん、こちらのblogを、俺のwebサイトのリンク集に貼らせてもらってもいいでしょうか。

http://members3.jcom.home.ne.jp/rororecords/

上記がURLです。
よろしくです。

投稿: roro | 2011/12/28 17:45

roroさん、お返事が遅くなり失礼しました。
年末ですねえ。。。

>DAW環境
日本語でお願いします、というくらい僕には分からない中身です。。。
僕も将来はパソコンではなく、ちゃんとしたオーディオで
「CD」とか、そういう目に見えるメディアで音楽を聞きたいなあとは思っているんですけどね。
PCで聴くのはやっぱり便利でしてね。

クラプトン、ましてやクロスロードなんて言ったらそれこそSGですよ!!
roroさんが早くSG買わないかなと期待しつつ、よいお年をお迎えくださいと、
年末のご挨拶に替えさせて頂きます。

こんな閑古鳥鳴くブログでよければ、リンクもちろんOKです。
あと、これまで未だに「お腹さん」とお呼びしてたことがあったかもしれません。
失礼しました(笑)。

投稿: brix | 2011/12/30 10:15

>日本語でお願いします
はっはっは。(笑)
でも、PCオーディオは便利ですよ。
iTunesでも、ちゃんとしたD/Aコンバーターを用意して、24bit/192kHzのハイサンプリングで鳴らしてやると、全然違いますから。
俺は借りてきたCDをリッピングしてますが、元のCDより音が良くなりますよ。どうしてそうなるのかはわからないけれど。(笑)
あとは詳しい方から聞いたんですが、リッピングアプリがweb上に転がっているので、それらを試すのもいいかも。

SGはねぇ・・・今はちょっと金銭的に・・・。(苦笑)
それに、クロスロードのライブ映像観ましたけど、あんなに弾ける筈ないじゃないですか。(笑)

リンクは早速貼らせて頂いたので、まあ俺のほうもたいして客はないんですが(笑)来年もよろしくです。
よいお年を。

投稿: roro | 2011/12/30 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« E-930TD 3カ年計画④ | トップページ | 平成24年。辰年。 »