« 妻と乞食。 | トップページ | またまた…。 »

2011/10/02

E-930TD 3カ年計画②

予定より計画は大いに早まり、リフィニッシュのお店を決めて、送ってしまった。
自分でやれるようなことであれば自分でやりたいが、再塗装なんかはとても無理。
素直にプロにお願いする。
全体的なイメージは、1964年頃のソレント。
ES-930Jはソレントとは似て非なるギターだけど、当時実際にあっても違和感のないような雰囲気で。
お店へのオーダーは以下の3点。

①オールラッカーによるリフィニッシュ
塗装を剥いでみたときに出てくる木の風合いなどで、ツブシのグリーンなどの一風変わったカラーも考えていたが、よほどのことがなければオールドのソレントなどに見られるロイヤルオリーブに。
渋いグリーンバーストだ。

②内部配線の一新
中の配線なども、半田付けを練習すれば自分でできないことはないが、セミアコの場合、Fホールから入れたり出したりしなければならなく、かなり面倒。
どうせ塗装の際にはすべて部品を外すのだから、この機会にお願いすることにした。
ド定番だけど、ポットはCTS、ジャックはスイッチクラフトに。
コンデンサ、配線材については、そこまで聞き分けられる腕も耳も持たない僕には無意味だが、気持ちの問題ということで、見た目(見えないけど)も含めて検討中。

③ストラップピン穴の補修
木ネジの穴が緩くなっていたので、これもついでに。

あれこれお願いしてしまうことになったけど、これが済めば相当理想のギターに近くなる。
本当にもう欲しいギターは出てこなくなるかもしれない。
決して高価なギターではないけど、そのチープさも含め本当に気に入ったギターだ。

以下は、その後に手を加えたいところ。

④ブリッジ交換
ゴトー製の、プラスチックサドルのABR-1タイプに。
60年代前半のCASINOなどでおなじみのポイント。

⑤ノブは黒のハットノブ。
ポールマッカートニーのCASINOのイメージで。

⑥ペグをクルーソンの3連タイプに。
今のギブソン1コブタイプはちょっと大層なので、チープな白くて丸いボタンのペグにしたいところ。
これはギブソンES-125辺りのイメージ。

⑦ピックガードは白に戻す。
べっ甲柄に変えてはみたものの、サンバーストなら白の方がエピフォンらしいので。

⑧ドットのポジションマークをマザーオブパールに。
今のは安っぽいアクリル?製。ここがMOPに変わると一気に雰囲気が変わる。是非やりたいところ。

⑨ボブレンのハードケースを奢ってやる。

⑩自作のオールド風タグでも作ってやる。

すべてやるにはまだまだ結構なコストがかかるが、これらを経れば、世界に1本だけの架空のビンテージ、EPIPHONE E-930TDができあがる。
ギター好きには、考えるだけで、実に楽しいお遊び。

L1140817_800

これが、次に手元に戻ってくるときには、どんな姿になっていることか…。
楽しみで仕方がない。

|

« 妻と乞食。 | トップページ | またまた…。 »

07.GUITAR & BASS」カテゴリの記事

09.Epiphone」カテゴリの記事

コメント

ギターってのは、楽器という道具であると同時に、やっぱり「モノ」としての価値をもつ類の発明品なんでしょうね。

俺の身の回りには、あんまりそういうものがないです。
強いて言えば、靴ですかね。
もともと男の服はトラッドで、女性のそれに比べて全然流行り廃りがないけれど、靴はもっと永劫的というか。
製法も昔から変わらないし、メンテをすれば20年くらい履ける。

ところで、最近ビートルズをやっとちゃんと聴き始めました。(笑)
でもなんか、俺は『リボルバー』が大好きなせいか『アビーロード』とか『ラバー・ソウル』とかに行きますね。
せいぜい『マジカル・ミステリー・ツアー』です。

ボブ・ディランも聴き始めました。
これはベスト盤なんですけど。(笑)

そういえば、好きなギタリストって、誰ですか?
俺は・・・エイドリアン・ブリューとかになっちゃうのかな。(笑)

投稿: roro | 2011/10/18 21:49

roroさんこんにちは。
ギターは見て楽し弾いて楽し、いいおもちゃです。
リボルバー地味なイメージはありますが、「she said」とか特に好きです。
アビーロードのB面の「mean」からの流れとか。
ボブディランは僕もベスト盤です…。

ギタリスト、エイドリアンブリューとか、roroさんらしいですねえ。
僕はあまりギタリストとして興味を向けることがないので、それほど意識はしないのですが、
弾いているところを見て恰好いいと思うのは、月並みですが、ジミヘン、
クリーム時代のクラプトンとかです。
ハードロック以降をあまり聴かないからかもしれませんね。

投稿: brix | 2011/10/22 15:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妻と乞食。 | トップページ | またまた…。 »