« 洋上阿房自動車 | トップページ | 白看ブリグ更新 »

2011/05/08

鯖街道阿房自動車

敦賀港に無事上陸したものの、生憎の天気。
それでも海沿いの道を走っていると薄日が差す。晴れて欲しい。
三方五湖の近くを通り、常神岬というところを目指してみる。
特に目的がある訳ではないが、まだ時間はたっぷりあるし、持参の朝食をとる場所を探しつつ、行き止まりまで行ってみようと思う。

だらだらとした道をくねくねと走る。
地図で見ればそうでもないが、スピードも出せないためかなり長く感じる。
小さな集落が現われては消え、坂を登ったり降りたり。
途中、木に猿がいた。
小さな漁港のはずれまでやってくると、ようやく道の突端まで辿りついたようだ。
天気のせいもあるのだろうが、寂しく静かな漁村だ。
行き止まりの先は公園になっていて、その先には御神島というミステリアスな島がある。
『ツーリングマップル』によれば、この小さな島には洞窟があり、年に一度、日の光が貫く先に埋蔵金があるという。
公園にクルマをとめ、朝食をとる。
ただそれだけ。
あとはだらだらとした道を戻るだけ。

90400011_640_3
M6 /ColorSkopar28mmF3.5 /DNP CENTURIA400 /福井県若桜町常神

往時は鯖街道と呼ばれ、日本海から京の都に鯖を輸送したという国道367号線で京都に向かう。
この日の宿となる、大原に着く頃には日差しが戻り、クルマのなかは暑いくらいになっていた、
京都といえば、学生の頃は憧れの地であり、夜行バスに乗ってはるばるやってきたものなのに、今こうして自分のクルマでやってくると、全くあっけない。
船に12時間も揺られ、その後自分の手で運転してやってきたのだから、夜行バスよりずっと時間をかけてやってきているのに、どういうわけか、たいして遠くまで来た気がしないのだ。
ここは新潟から600km程も離れた京都だというのに。
ほんとに僕は京都までやってきたのだろうか。
そうは言っても、ここはやはり京都大原なのだから、ひと通りの観光はする。

まずは寂光院へ。
派手そうな三千院よりも、平家びいきの僕としてはこちらに足が向く。
結局は三千院へも行くのだけれど。
寂光院へ続く道は、細い山村の路地裏といった感じで、観光地らしさがない。
いいことなのだが、あまりにも普通の風景で、それはまるで見慣れた実家の近所のそれのようで、ほんとに京都に来たのだろうかとまたしても不安になる。

90430005_640_6
M6 /Planar T*50mmF2 /Kdak Gold100 /京都府左京区大原 三千院

三千院の周囲には土産物屋や食べ物屋も多く、観光客も多い。
名物の漬け物屋などもそこらじゅうにある。
やはり観光地に来たことは間違いないようだ。

90430017_640_3
M6 /Planar T*50mmF2 /Kdak Gold100 /京都府左京区大原 三千院

大原には昼前に着いたので、時間は十分にある。
のんびり存分に歩いて、宿に戻ってもまだ夕方。
時間に追われて旅行するよりはずっといいが、京都までやってきて、こんなにのんびりでいいのだろうかと、おのぼりを果たした僕はつい思ってしまう。
京都まで来たのだから、もっとやること見るものがあるんじゃないかと。
けれども、宿で昼寝などして贅沢な時間を過ごす。
夜は鳥肉や野菜など、おいしいものを食べる。
食事の席には大声で騒ぐ団体客や、外国人もいた。
やはりここは京都。
ちゃんと観光地なのであった。

|

« 洋上阿房自動車 | トップページ | 白看ブリグ更新 »

16.おでかけ」カテゴリの記事

02.Leica」カテゴリの記事

コメント

ドライブはいいですね。私は車がないので、もっぱら電車の旅になりますが、brixさんの紀行文を読んでいると、なんだか私も船と車で京都を彷徨しているような気分になりました。

私の方は、今週の土曜日から一泊で松本城と諏訪湖、行けたら諏訪大社と高島城に行ってきます。モノクロフィルムが近所に売っていないので、アマゾンに発注しているのですが、間に合うかどうか。ただ、フリッカーの知り合いに、コダックのポートラをモノクロ現像した写真があり、それはそれで面白いとも思いました。ただ、濃淡が弱い感じもしましたね。

また、紀行文、楽しみにしています。

投稿: 俳諧史 | 2011/05/09 11:15

俳諧史さんこんばんは。
松本城・諏訪湖方面のご旅行はいかがだったでしょうか。
ポートラは比較的コントラストが弱いというのを聞いたことはあるのですが、
自家現像される方だったら、焼き加減にもよるのでしょうか。
モノクロフィルムは間に合いましたか?
紀行文、などというほどのものではない駄文ですが、
読んで頂きありがとうございます。

投稿: brix | 2011/05/15 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洋上阿房自動車 | トップページ | 白看ブリグ更新 »