« 続ブルーラベル(補足) | トップページ | つけちゃったよビグスビー。 »

2011/01/16

家具のブリヤ 4品目

平成23年第1号は前回の下駄箱に続き、大物の登場。
大型本用本棚である。

文庫本ならまだしまいようもあるのだが、ムック本サイズ以上の本はなかなかしまうところがなく、押し入れの段ボール箱の中か、下手すれば平積みになってしまい、置き場に困る。
なのでかねてから必要とされていた大きめの本棚を作ることにした。
今回は大きいし、強度も比較的必要なので、安くて丈夫な2×4材を使うことにした。

L1130285_640_2

けれども、僕は2×4材のいかにもDIYですよ、お父さんが作りましたよ、という感じが好きではないので、天板に杉板を使って表面の質感に変化をつけてみた。
色は2品目のガラス棚の時と同じ、ワトコオイルのエボニー。
冬なので乾くまで1週間待って、いよいよ本を入れてみる。

L1130317_640_2

なかなかよい!
今の借家は昭和テイスト満点なので、IK○Aやらなんやらの「iPodの似合う無機的かつオシャレ家具」風でないのがポイント。
昭和の家には飾り気のない本棚、これに限る。
つやつやだったり、真っ白だったりの化粧板なんてのはダメである。
というわけで、できあがった昭和本棚。
材料費はおよそ5,000円弱。
頑丈です。

ところで、最近雪が降り、寒い。
新潟と言うと都会の人たちは、あぁ、あの雪国ね、と思うかもしれないが、それは長岡や上越といった地方のことで(昨年までは上越にいました)、新潟市街なんかでは積もる雪の量なんてたかが知れている。
しかし今回は結構積もった。

L1130294_640

雪が降ったからには、雪かきと雪遊びをしなければならない。
目には雪に埋もれたプランターのミニトマト。
頭には鍋蓋。

L1130343_640_2

秋に買ったアラジンも連日大活躍。
手入れをしてやって、きれいなブルーフレイムが蘇る。
この家は古くて寒くてじめじめして、新築のアパートなんかに比べれば不便なところも多いけれど、ちょっとの手間とお金をかければ、ここでの生活は全く楽しく快適だ。

|

« 続ブルーラベル(補足) | トップページ | つけちゃったよビグスビー。 »

15.家具のブリヤ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

DIY、相変わらずお上手ですね。
家の佇まいに合ったものを置く、ってのは、意外と難しい気がします。
北欧系を批判するわけじゃないし、俺としてはむしろ好きな部分もあったりするんですけど、IKEAはまだしも、それを模倣してる会社、いっぱいあるでしょ?
ただ「なんとなくそういう系」ってだけで、クオリティは低いと思うんですよね。

昭和の香りがすると言ったらいいのか悪いのかわからないけど、brixさんの「見た目なんともないけど、すごく周りと違和感がないよね」っていうのは、重要な観点のように思えます。

ところで、俺はまだ自分のblogを新年になってから更新してないので、そろそろ何か書かないと、とは思ってるんですが、体調が悪くてね。
やめちゃおうかなあ、とか思ったりもして。

本年もよろしくお願い致します。

投稿: お腹 | 2011/01/17 20:42

すっかり遅くなってしまいまして…、明けましておめでとうございます。
どんなに「オシャレ」な家具でも、周りに合っていなければちぐはぐなだけだし、
古臭い家具でも、環境によってはどんなモダンなデザインよりも
モダンになり得ると思うのです。
最近は表面的なデザインや色などよりも、その「物」の持つ重厚感や
佇まいの方が重要に思えてきました。
堅牢でシンプル、これに尽きると思うんです、個人的には。
ブログ、見てるので体調に気をつけながら無理せず細々とでも続けてくださいよ。
今年もよろしくお願いしますね。

投稿: brix | 2011/01/29 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続ブルーラベル(補足) | トップページ | つけちゃったよビグスビー。 »