« A HAPPY NEW STRINGS | トップページ | 独逸阿房列車 本編3(前半) »

2010/01/11

独逸阿房列車 本編2

平成21年9月19日。

朝、ホテルの窓からニュルンベルク中央駅を眺めていると、白煙が上がっている。

L1100337_640_2
D-LUX3 /ニュルンベルク中央駅

見ればホームに蒸気機関車が停まっている。
こんなドイツの都市の真ん中で蒸気機関車が現役で走っているとは思えないので、おそらくはイベント列車のようなものなのだろう。
さしずめ日本でいう「SLばんえつ物語号」のようなものだろうか?
おお!これはなんという幸運!と思って見ていると、かのSLは赤い客車数両とやはり蒸気機関車の補機を従えてホームを出て行った。

この日、朝食はついていなかったので、部屋でとる。
メニューは食パン、野菜やハムのサラダ、ヨーグルト、木イチゴ。
すべて前日にスーパーで買っておいたものだ。

朝食を食べ終え、街の広場に繰り出すと、そこではたくさんの出店が所狭しと並んで、生活雑貨やお土産、食べ物などいろんなものを売っている。
教会の前にはボンネットの上にブーケを乗せたBMWが停まっている。
結婚式のようだ。
参列者たちの視線の先を一緒に眺めていると、教会の扉が開き、なかから花婿と花嫁が出てきた。
その場に居合わせたほかの観光客なども写真を撮り、みんな楽しそうにその様子を眺めている。

84270007_640_2
M6 /Planar T*50mmF2 /Kodak Gold100 /ニュルンベルク市街

そのあと、何かのお祭りでの役目を終えた馬の写真を撮っていると、さっきのBMWが空き缶をカラコロ言わせながら横を走り去っていった。

この日は天気がよく、日差しも強かった。
一日中歩いていると疲れ果ててしまいそうなので、一通り広場を見回ったっところでホテルに戻り、いったん休憩する。
例によってホテルの部屋から駅構内を眺めていると、また蒸気機関車が乗客を満載してホームを出て行くのが見える。
今度は客車も旧型のようで味わいのある列車になっている。
ホームにはカメラを持つ人々の姿も。ドイツでも蒸気機関車は人気者らしい。
そういえばここニュルンベルクは交通の要衝でもあり、交通博物館などがあることを帰国してから知った。

84120032_640_2
M6 /Planar T*50mmF2 /DNP CENTURIA400 /ニュルンベルク市街

再びホテルを出て、陽の傾いた街並みを散歩。
ドイツでは陽が傾くのは早い気がするが、ここから暗くなるまでが長いように思われる。
街並み、観光客、休日を楽しむ人々、大道芸人、喧騒、犬。
あー外国に来ているんだと、初海外の僕はいよいよ感慨を深くする。

さて、夕食はビールにサラミやチーズなどのおつまみ、ドーナツ、トマトなどの野菜。
またしてもスーパーで買ったものだ。
ドイツに来てからというもの、こういった食事や屋台でのファストフードのみで、いまだレストラン等での「まともな」食事はとっていない。
正直、まだ現地のレストランは敷居が高いような気がしないでもなかったのだが、そうでなくとも僕はこういうスーパーで買ったような食事が嫌いではなく、国内での旅行でもよくそうすることがある。
別に節約のため、というわけでもない。
せっかく旅行に出かけたんだから現地のおいしいものでも食べればいいんじゃない、という意見もあるのだが、僕はご当地グルメの類には殆ど興味がないのだ。
自分には行った先々のスーパーなどでお酒やお惣菜を買ってホテルの部屋でのんびり食べる、というスタイルが気楽で性にあっている。
ちなみに、神社仏閣、名所旧跡といった類にも同様にあまり興味がない。
それじゃあ何のために旅行をするのだ、ということになりかねないが、道中新鮮な気持ちで過ごせればそれで十分、目的や目的地なんて二の次、あるいはない方が理想かもしれない。
なお、この辺りについては同行する妻ともコンセンサスがとれている。

こうして我々は「まともな」食事をとらないまま、ニュルンベルクに2泊し、翌日にはまた移動を開始する。

|

« A HAPPY NEW STRINGS | トップページ | 独逸阿房列車 本編3(前半) »

16.おでかけ」カテゴリの記事

02.Leica」カテゴリの記事

17.独逸阿房列車」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします!!

新型やら、トラブルやらで早くもグロッキー気味です。

ドイツレポ拝見しました!
ドイツの鉄道も新旧色んな車両があるのですね。
さすがは鉄道王国のひとつ。
戦争で失われてしまった建造物も多いですが、
独特の威厳ある建造物が多い気がします。

私も機会があれば南フランスの方に旅して
みたいのですが、
周りがそれを許してくれません。
会社を退職した時がチャンスかな。

投稿: じゃっく | 2010/01/13 00:37

じゃっくさんこんばんは。
こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

新年早々いろいろとご苦労があったようで…。
風邪の方はすっかり回復しましたでしょうか?

今回のニュルンベルクなんかも大戦の空襲ですっかり
焦土となったようですが、見事なまでに
昔の街並みが復興されたようです。
じゃっくさんはお忙しいようですのでなかなかまとまった
時間など取れないようですが、退職後などと言わずに、
ぜひお若いうちに無理してでも行かれてはいかがでしょう?

投稿: brix | 2010/01/15 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A HAPPY NEW STRINGS | トップページ | 独逸阿房列車 本編3(前半) »