« 雪・雪・雪 | トップページ | 独逸阿房列車 本編4 »

2010/01/17

独逸阿房列車 本編3(後半)

平成21年9月20日(続き)。

84090027_640
M6 /Planar T*50mmF2 /DNP CENTURIA400 /ザルツブルクのホテル

この日のホテルは、ザルツブルク中央駅の反対側にある小ぢんまりとしたホテル。
狭い階段を降りたところに小さなフロントがあり、おじさんが愛想よく迎え入れてくれる。
建物は古いながらも清潔感があり、好感が持てるホテルだ。
旧式の小さなエレベーターに乗って3階へ上がる。
部屋のドアの鍵穴が不良で、なかなかカキが開けられなかったが、無事解錠。
荷物を置いて一服。

大きな川のほとりに出て、大きな橋を渡って街へゆく。
とりあえず、ザルツブルク観光の定番とされているらしい、旧市街の方へ足を向ける。
お土産店ではモーツァルトのチョコがたくさん売られている。
ここザルツブルクにはモーツァルトの生家があるのだ。
市内には観光馬車が通っていて、そこらじゅうに馬糞が落ちていてにおう。
今日は日曜で時間も遅い方なので、明日に買うお土産等をウィンドウを眺めながら目星をつけて、やや足早に見て回る。
本格的な観光は明日だ。

84140036_640
M6 /ColorSkopar28mmF3.5 /DNP CENTURIA400 /ザルツブルクの川のほとり

市街をひと回りし、また大きな川のところに出てきた。
休日の夕方。
みんなベンチに座ってアイスクリームを食べたり、露店でお茶を飲んだり、絵を描いたり、ジョギングしたり。
こんなところを、我々も特に当てもなくぶらぶら歩いていると、ツアー等で来なくてほんとうによかったなぁとしみじみ思う。
とにかく用事が無いのがよい。
買わなくちゃならないお土産も特にないし、絶対見逃せないものもない。
なんとしても食べなくちゃいけないものもないし、並ばなければならないこともない。
ただ、ぶらぶら気の向いたところに向かって歩き、疲れたら休めばいいだけだ。
いささか大げさにいえば、普段日本で過ごしている休日の夕方をオーストリアで過ごしているというだけのことだ。

とはいえ、夕食は食べなくてはならない。
今回はお店で食べたいのだが、閉まっているお店も多いし、敷居の高いお店はこわい。
迷って歩いているうちに、お店も少なくなってくる。
挙句に入ったお店は妙なアジアンフードのお店だった。
オーストリアにまで来てアジアンフードというのもどうかと思ったが、おいしそうな匂いにつられてふらふら入ってしまった。
これまで「まともな」食事はしていないとはいえ、ソーセージやらニクニクしたものに早くも飽きつつあったというのもあった。
見ればカフェテリア式のようである。
まだ子供のようなバイトの男の子に、どうやって注文すればいいのか尋ねる。
「僕、え、英語わかんないんです~。あ、あの人に聞いてください~」
カウンターの奥には店長らしきごつい男がいて、いろいろ説明してくれる。
どうやら、サラダ類は量り売り、カレーやヌードル類は注文、という方式らしい。
食べたのはカレー、サラダ、ビール。さすがに「スシ」を食べる気にはなれない。
米は昔コメ不足の時に食べたタイ米のような、細長いパサパサした米で、ルーは水気が多くスープのよう。生?のモヤシらしきものも乗っている。
しかし、これが想像以上にうまかった。
隣のテーブルのお姉さんは、「スシ」を「ハシ」で食べにくそうに、かつワイルドに食べている。

ヨーロッパで食べるアジア料理にすっかり満足し、ホテルへ向かう。
ホテルの近くにカッコいいクルマが停まっていて、ランニング姿にデジイチという奇妙ないでたちのおじさんが熱心にそのクルマの写真を撮っている。
僕も負けじとデジカメを取り出して(M6のフィルムは切れていた)撮ろうとすると、振り返ったおじさんと目が合った。
不意を突かれたおじさんは、立派な髭を生やしたいかつい顔を緩め、はにかんだ様子でニヤッと、
「@-^;0¥#’”$~グッドカー!」
と言ったが、僕はとっさに「ないすかー!」と言うのがやっとだった。
その後、おじさんは見られちゃった!といった様子で近くの家にそそくさと入っていってしまった。
もうちょっと気の利いたこと言えばよかったな、と思いつつも、瞬時の意気投合になんだか嬉しい気分になってホテルに戻った。

L1100557_640
D-LUX3 /ザルツブルク市街

テレビではオクトーバーフェストでの行進の様子を飽きもせずに延々流し続けている。

|

« 雪・雪・雪 | トップページ | 独逸阿房列車 本編4 »

16.おでかけ」カテゴリの記事

02.Leica」カテゴリの記事

17.独逸阿房列車」カテゴリの記事

コメント

M6で撮られたザルツブルグの街並の写真は圧巻ですね。
白っぽい写真だけど、そこはライカ。
陰影がありますね。もちろんbrixさんの腕あってのことですけどね。

かっこいい車。俺には似合わないな。
チンクにはいつか乗りたいですけどね。
(まだ言ってる(笑))

投稿: お腹 | 2010/01/18 23:39

いやいや腕なんて。。。
M6には露出計が付いていますし、フィルムもネガなので、
普通に撮ってれば撮れちゃうんですよ。ほんとにほんとに。
レンズは3万程の国産レンズですし。
もちろんいいレンズだと思っていますが。
でも人によって写真の評価はいろいろで面白いですね。
ありがとうございます。

今日はご希望にお応えして?チンク(旧)出してみました(笑)。

投稿: brix | 2010/01/19 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪・雪・雪 | トップページ | 独逸阿房列車 本編4 »