« そして事態は思わぬ方向へ | トップページ | ブルートレイン »

2009/03/08

リアルライカ

L1090202_640

なんだかんだ言っても、見積もりを貰った時点で僕の心は決まっていたのだと思う。

―ツァイスイコンを下取りに、M6を買おう。

僕は自分のものを売却という手段で手放したことはない。
古本1冊、CD1枚そうやって手放したことはなかった。
やはり一度は自分が決めて手に入れたもの、手放さずに自分の下に置いてやりたい。
しかし今回は事情が異なる。
フィルムのレンジファインダーなんて2台も手元に必要ないし、ライカを買えばそればかりを手にし、ツァイスイコンは放置されてしまうのは目に見えている。
そして何より、資金が必要だ。

結局、ツァイスイコンとは半年とちょっとの短い付き合いだった。
悪かったなあと思いつつ、きれいに磨き箱に納める。
経験はないが、
―好きな人ができたから別れてくれ、本当に好きなのは君じゃなかった。
なんて言って別れ話をする時のような気分だ。
経験はないが。

数日後、職場にM6が届いた。
何食わぬ顔をしながら受け取り、ロッカールームでこっそり開封。
ツァイスイコンとは異なり、かなり鈍く光るそれは、タバコの匂いがかすかにした。
ライカの質感に欠ける、などと酷評されることも多いM6だが、やはりそれは僕にとって憧れのライカそのものだった。

こうして先月の初旬、僕の元へとやってきた初めてのライカ。
シリアルからすると、1995年の4月に出荷されたロットの1台らしい。
1995年の4月といえば、僕が高校に入学し、それまでとあまりに違う環境の中で毎日ヒーコラ言っていた時期だ。
まあ、当時のヒーコラが今の自分の土台になっていると言えばそう言えなくもないし、そう考えれば、このM6がその頃作られたというのも、何か縁があるように思えないこともないような気がする。
結果的に、ツァイスイコンに寄り道したことを踏まえれば、相場よりずっと高いM6になってしまったといえる。
しかし、人生何事も近道がベストと思ってはいけない。
実際、ツァイスイコンはフィルムを再度使ってみるという大きなきっかけを作ってくれたではないか。
やはりそれは必要な過程だったのだ。

L1090182_640

さて、ライカといえどもそれは単なるカメラに過ぎないわけで、ライカを持ったからといって、所謂「ライカでしか撮れない写真」が撮れるとも思わない。
むしろ、時代遅れで、ある種厭味なカメラと見られることもあるかも知れない。
けれども、欲しかったのだ。
欲しいモノは欲しいから、手に入れるべくあれこれと策を弄する。
欲しくないモノは欲しくないから、やるいわれても断わる。
これでも自分のなかでの原則はちゃんとあり、この時書いたことに悖るとも思っていない。
また、自分にはまだライカなんて10年早い!などとも思わない。
自分が使いたいものを使って、誰にも結果を求められず、好きなときに好きなだけやって、やりたくない時には好きなだけサボれる、こうして全く無責任にフラフラ続けられるのが、趣味のいいところじゃないか。

|

« そして事態は思わぬ方向へ | トップページ | ブルートレイン »

14.かいものほしいもの」カテゴリの記事

02.Leica」カテゴリの記事

コメント

来ましたか、お手元に…。
イコンと比べ、ずしりとくる重さ。
これがたまらいですよね。
シャッタースピード、1000分の1が最高なので
ASA400だと、つらい時が多々あります。
でND4です。
これからは、毎日が楽しいですね!!

投稿: カラスコ | 2009/03/08 23:23

やっぱり! とうとうきましたね、本物のライカ。
当初はM6を考えてはいらっしゃらなかったようですが。
まあ、その頃はまだ「夢」でいらしたのですね。

リアルなライカを手に入れて、まず最初に撮りたい写真とかありますか?

投稿: お腹 | 2009/03/09 02:47

『また、自分にはまだライカなんて10年早い!などとも思わない。』

どなたかが、
上記のような発言をなさっていたんですか?

世間はライカを特別視しているんでしょうね。

世の中には、ライカのレンズ(の写り具合)が好きな方とライカのBODYが気に入っている方と、二通りありますからね。
私は後者ですが、まぁ、それはともかく、フィルムをたくさん使っていきたいと思っています。

投稿: カラスコ | 2009/03/09 11:26

>「自分が使いたいものを使って、誰にも結果を求められず、好きなときに好きなだけやって、やりたくない時には好きなだけサボれる、こうして全く無責任にフラフラ続けられるのが、趣味のいいところじゃないか」

名言だと思います。買いたいと思ったときが買い時です。明日やろうは馬鹿やろうです。と自分に言ってみたりして・・・。 P.S 転勤先は栃木です

投稿: kim | 2009/03/09 22:07

>カラスコさん
確かに、金属のカタマリって感じのずっしりとした重さが
とても心地よいですね。
手持ちで1/15がいけるってのもわかる気がします。
「10年早い」ってのは、言われたわけではなくて、
一般的にこの手のものを買おうとする時って、
そういうことがよく言われたり思ったりすると思うんです。
とにかく、フィルムをたくさん使ってじゃんじゃん撮ることですよね!

>お腹さん
まあ、予想どおりの展開だったかとは思います(笑)。
でも、先日までは本当に近々買うとは思っていなくて、
将来買うならM6じゃなくて…だったんです。
もう何本か撮ったんですけど、何気ない街並みとかを撮りたいですね。
今は何てことなくても、10年後、20年後に貴重な資料に
なっていくような写真を。記録って感じで。
人物スナップはこのご時世、なかなか難しいと実感してます…。

>キムチ
特に楽器も写真も中途半端な僕は、こう言って自己弁護しているのです…。
でも本当にそう思うんだよ。
仕事じゃ全く逆だしね…。「明日やろう」も多いし…。
やっぱり栃木かー。ちょっと遠くなるね。
でも意外と新潟からは行きやすい?かも。

投稿: brix | 2009/03/10 00:16

フィルム、使いましょう。

ライカでもニコンでもキャノンでも、レンズは
どうでもいいんで…。

休みの日には持ち出して…。

投稿: カラスコ | 2009/03/11 01:17

>カラスコさん
そうですね、フィルムたくさん消費して、
フィルムの寿命を延ばしてあげないとですね…。
早く暖かくなって、週末のんびり持ち出せるようになる
のが楽しみです。

投稿: brix | 2009/03/12 20:26


こんばんは。
その後、ライカは…、なんて聞くのも野暮ですね。
日差しが強いと1000分の1ではきつくないですか?
ISO400だと大変ですよね。
私はND4の減光フィルター装着しっぱなしです。

投稿: カラスコ | 2009/04/21 22:10

カラスコさん、お久しぶりです。
普段はもっぱらISO100のネガを使ってはいるのですが、
それでも1/1000じゃきついこともありますね。
ツアイスイコンはその点1/2000がありましたから、
結構明るくても開放で撮れたのですが…。
僕も減光フィルターの購入を考えているところです。

投稿: brix | 2009/04/22 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そして事態は思わぬ方向へ | トップページ | ブルートレイン »