« MINI 12ヶ月点検 | トップページ | 携帯電話顛末記 »

2008/04/19

酷道を行ってきた。

ニコニコ動画で「バイクで○○へ行ってきた」とか、「ひとりぼっちの○○ツーリング」とか見ていたら、僕もどこかへ出掛けたくなった。
クルマは点検が終わって快調だし、仕事での異動&年度替わりのばったばたも目処が付いてきたところだ。

朝食の菓子パンを食べながら、地図を見て行き先を決定。
朝食もそこそこに、ひとり出発だ。

L1070510_800_2

時々青空も顔を出すものの、雲の多いどんよりした天気。
まずはR253→R353で津南へ抜ける。
このルートはこの前も通ったが、もう雪は殆どなくなり、まるで違う場所を通っているようだ。
津南市街の大割野という交差点からR405を南下。
そう、今日の目的地は秋山郷だ。
秋山郷には秋に行くものと決まっているのだが、今日思い立ったので、今日行くのだ。

だんだんとR405は貧弱になってゆき、酷道の趣を呈してくる。
この本に載っているような酷道には及ばないが、なかなかのものだ。
そんな山あいの隘路なのだが、後ろからホンダのオープンに乗ったおっさんが、頭とヘッドライトを煌々と燈しながら、ぴったりと詰めてくる。
目障りなのでクルマを路肩に寄せ、MINIの露払いを命じることとする。

L1070517_800 L1070512_800

ぼちぼち「秋山郷」の看板が立ち始めた頃、へいけ茶屋というお店に到着。
店番のおばちゃんに、この先もまだ行けるのか問うと、もぐもぐ何かを食べていたおばちゃんは「※@^:#温泉まであと30分くらい行けますよ」とにこやかに答えてくれたのだが、もぐもぐなので何温泉なのか聞き取れない。
まあ温泉が目的ではないので、あと30分走れることがわかっただけで十分だ。
温かいコーヒーで一服して出発。

L1070514_800

かなりの勾配とカーブの連続。
と思いきや、少し道が広くなったり、また狭くなって道に岩が落ちていたりと、なかなか気まぐれなR405。

L1070521_800

程なくして、長野県に入る。
この栄村、地図で見ると群馬県とも接しており、なかなかでかいというか、縦長だ。

L1070526_800 L1070527_800

どこが「秋山郷」なのかピンと来ないまま、どんどんクルマを進めていくのだが、他のクルマは各自目的地に着いたのか、どんどん少なくなってゆく。
いくつか公共のものらしき温泉施設を見かけたので、その辺りが目的地となっているのだろうか。
露払いのおっさんも、とうにいない。
相変わらず雲は厚く、山々の様子も冬のよう。

そういえば、へいけ茶屋を出てからどのくらい時間が経ったのかもよくわからない。
行き止まりの温泉の名前もわからないし、これじゃあおばちゃん情報は何にもならないじゃないか…。

L1070562_800

あとどのくらい走れるのかなー?
なんの案内もないや…。
と思いつつなおクルマを走らせていると…、

L1070551_800 L1070535_800

じゃーん!!
MINI唖然。

場所現在地から先」って、見りゃわかるよ。
こういうのって、もう少し前から予告するものなのでは…。
「3km先通行止」とかさ。
現在地から先」って…。

L1070550_800

まあね、いつかはこうなることはわかっていたし、滅多に見かけない場所にまで来れたんだからいいですけどね…。
デジカメの写真の時刻を見れば、へいけ茶屋から出てから24分が経過していた。
おばちゃんもこの場所を指していたわけではないのだろうけど。

折角なので、天下の 酷道 国道の真ん中にクルマをどーんと停め、昼食をとることにした。
今日の昼食は…、彼女の手作りサンドウィッチ、などではなく…、

L1070552_800

津南市街のコンビニで調達しておいた、おにぎり!
さらに折角なので、クルマの外で立ち喰い。
これが、うまい。

L1070564_800

辺りはシーンと静まり返り、人はもちろんクルマの気配もない。
目の前には雪に埋もれた道と、白樺林、その奥には雲のかかった雪山があるだけ。
そんな大自然の中、お米と鶏肉とツナとその他五目たちは僕の胃袋に向かってまっさかさまに落ちてゆく。

L1070553_800 L1070561_800

恐がりの僕でも、なぜか恐い感じはせず、ちょっと辺りを散歩してみる。
それでも、もしここでMINIがどっかに行って無くなってしまったら、とかありえないことを想像するとちょっとぶるっとくる。
ましてや、こうしてブログを書いている21:38今現在のこの場所のことを考えると、ものすごく恐い。
このおにぎりを食べた場所、あとで調べてみると、どうもココっぽい。

L1070567_800

青空もまた顔を出してきた。
側溝から溢れている雪解け水で手を洗って、出発。
切り返してくるっと180°向きを変える。

L1070570_800 L1070574_800

行きが悪かったのだから、帰りの道も当然悪い。

L1070579_800

あってもなくても、ガードレールやロープに助けられるようじゃかなりヤバイ状況なので、変わりないといえば変わりないのだが、やっぱりあるのと無いのとじゃ感覚的に全然違う。

L1070576_800 L1070581_800

暫定税率、継続されてもいいよなあ、これじゃあ。
道なんか要らないなんていう人は、ひと冬越しただけで道が「壊れる」ってことを知らないんだ…、なんて真面目なことも考えてみたりしつつ、走る。
雨もぽつぽつ降ってきた。

L1070584_800

谷底に落っこちることもなく、R117に入り、するするっと道の駅信越さかえ。
ここからはR117→R18のルートで上越まで戻りたいのだが、いっつも中野市街で迷ってR18に入れない。
どうもこの辺りの道はわかりづらい。

L1070587_800

道に迷いつつ、中野市街のジャスコへ。
中野市民に混じって買い物。普通にたまねぎや豆腐、タマゴとか食料品を。

L1070601_800

だいぶ日が長くなった。
雨上がりの夕方は、意外な景色に出会えることがある。

L1070607_800 L1070615_800

紫色に輝くあの雪山の裏は、長野県栄村。
さっきまで、僕はあの裏にいたんだ。

|

« MINI 12ヶ月点検 | トップページ | 携帯電話顛末記 »

01.MINI CooperS」カテゴリの記事

16.おでかけ」カテゴリの記事

コメント

雪の残る山の風情と、夕焼けがきれいですね。

もぐもぐおばちゃんの道案内のいい加減さに笑いました。(笑)
そんなもんですよね。

外で食べるコンビニおにぎりの美味そうなこと。
彼女のお手製お弁当でないのは残念ですが。(笑)
でもね、外国に住んでると日本のコンビニおにぎりが恋しくなるそうです。
たまに帰国すると大人買いするらしいですよ。

投稿: お腹 | 2008/04/20 00:11

こんにちは。その「外国」に住んでるbrixの兄です(笑)。
昨年からドイツのミュンヘンという街に住んでいます。

そうなんですよね!
おにぎり、恋しい・・・。
やっぱり、「米」は日本人の心、ですよ!

投稿: K | 2008/04/20 04:20

こんばんわ。
私も同感です。やはり日本人はパンよりお米ですよね。

405号は私は通ったことがありませんでしたが、
brixさんのレポ見て興味が出てきました。
古びた警告標識なんかや、痛んだ道路線形・・・
今度行って見たいですね。

投稿: じゃっく | 2008/04/20 21:47

>お腹さん
もぐもぐおばちゃん、すごく感じのいい人だったんですけど、なにせもぐもぐなもので。
外で食べたおにぎりはほんとうまかったです。
やっぱりおにぎり、恋しくなるそうですよ。
経験者がそう申しております(笑)。

>じゃっくさん
拙レポで興味を持っていただけて光栄です!
標識なんかも傷んじゃって、酷ムードかなりあります。
ただ、この時期は殺風景で荒涼としているので、やっぱり色のある初夏から秋にかけてがいいんでしょうね~。

投稿: brix | 2008/04/20 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MINI 12ヶ月点検 | トップページ | 携帯電話顛末記 »