« 白看ブリグ更新 | トップページ | 『酷道をゆく』 »

2008/02/13

グッバイ、リッケンバッカー

123_2391_800

ちょっと映画のタイトルのような、語感のいいタイトル。
660を手放したわけではありません(笑)。

(笑)なんて場合ではないのだ。
リッケンバッカー公式HPで、予告されていた新価格表が発表され、予告通り大幅な値上げがなされた。
ここ数年間のリッケンバッカーの価格高騰は著しい。
次に示すのは、それぞれ2001年→2007年→2008年の順で、主要モデルの定価。

620が、\180,000→\231,000→\252,000
330が、\200,000→\252,000→\283,500
4003が、\210,000→\270,000→\304,500
325C64が、\420,000→\441,000→\504,000

いやはや、この7年間で4割前後も上がっている。C64なんか大台に乗っちゃっているじゃないの。
もっとも、2001年当時はリッケンバッカーの日本代理店が、リックスから新星堂に移ったばかりの頃で、当時の円高の影響もあり、定価がだいぶ下がった頃だった。
価格も比較的安く、モデルやオプション、カラーバリエーションが今に比べてずっと豊富だったリッケン華やかなりし頃、バンド大学生だった僕はあれこれ夢を膨らませていたものだが、そんな当時に比べると、やはり今のリッケンを取り巻く状況は非常に淋しい。
記憶では当時620辺りが10万円台半ばくらいで買え、他のギブソンやフェンダー等有名ブランドに比べれば、比較的安価で憧れの「MADE IN USA」のギターが買えたのだ。

ギブソンも山野楽器の撤退により価格が異常なまでに跳ね上がっている。
もうおいそれとはギブソンやリッケンバッカーは買えなくなってしまった。
もちろん今までだっておいそれとは買えなかったことに違いは無いのだが、ここまであがると、妄想すらできないや。

|

« 白看ブリグ更新 | トップページ | 『酷道をゆく』 »

07.GUITAR & BASS」カテゴリの記事

コメント

ほんと異常なあがりっぷりだね!お互いいい時期に購入したね(汗)。gibsonもやばいのかぁ、もう少し考える時間が欲しい・・・。

投稿: kim | 2008/02/18 10:57

ほんとだよ~。
思い切って660買ったのはこの絡みもあってさー。
gibsonもやばいねー(笑)。
CSモノなんかは特に…(泣)。

投稿: brix | 2008/02/18 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白看ブリグ更新 | トップページ | 『酷道をゆく』 »