« A HAPPY NEW RICKENBACKER Vol.2 | トップページ | グルグルずっしり »

2008/01/14

カメラ散歩Vol.12

L1060506_800
Av  F2.6  1/400  +0.7EV  ISO200

雪がだいぶ積もった。
ちょっと不謹慎かもしれないけど、僕は雪が降るとワクワクしてきて、どうせならじゃんじゃん積もれ!もっと積もれ!と思う。
夜のうち結構降っていて、翌朝期待して窓の外を見ると思いの外積もってなくてしゅんとすることもよくある。
連休中の大雪を見越して、買い物などは初日に済ましたので、後は家の中でもぞもぞしており、気分転換に、雪も積もったことだしと散歩に出てみた。

L1060492_800
Av  F4.9  1/320  +0.3EV  ISO200

しっかり暖かい格好をし、長靴を履いて外に出る。
長靴はもちろん、お洒落なやつとかではなく、暖かい、丈夫な仕事で使うやつだ。
冬はブーツやふつーのスニーカーとか履いて、すっかりご無沙汰だった長靴も、引っ越してきたココでは冬の必需品。
やっぱり長靴はブーツなんかより頼もしく、無闇に轍なんかの雪が積もっているところを歩いてしまう。楽しい。
スキーやボードはほとんどしないけど、ソリや雪合戦などの雪遊びは大好きだ。
最近はやる機会が全く無くなってしまったのが惜しまれる。

L1060477_800 L1060503_800
L: Av  F4.9  1/250  +0.7EV  ISO200    R: Av  F2.8  1/125 +0.3EV  ISO200

冬の夕方の鉛色の空のもと、雪をかきわけて歩くというのは、小学校の帰り道、毎日のようにあった日常だったと思うが、随分昔の記憶のように思える。
もちろん小学生の頃なんかかなり昔のことなのだけれど、最近はすっかり雪も少なくなり、あんなに雪が多かった記憶のある当時が余計遠い昔のように思える。
鉛色の風景の中歩いて、今日はそんなことを思い出した。

L1060504_800
Av  F3.6  1/250  +0.3EV  ISO200

モフモフの暖かいやつ。
これと長靴を装備していれば、どこへでもいけそうな気がする。
同じような写真は、夏にも撮った

L1060497_800
Av  F3.6  1/250  +0.7EV  ISO200

もし…。ワイパー折れているようですが、大丈夫でしょうか?
さすがにこんなときはあまりクルマに乗りたくないな。
駐車しているうちにこんなことにもなりかねない?
連休初日に買い物に連れ出された僕のクルマは、昨日今日と屋根のある駐車場に移動して、冬篭りしている。

L1060505_800_2 L1060510_800
L: Av  F3.6  1/250  +0.3EV  ISO200    R: Av  F3.6  1/50 +0.7EV  ISO200

この土地では、大雪になると、ホウキならぬスコップを逆さに立てかけるなどすることで、早く雪が去っていくように願を懸ける風習がある。

…というのはもちろんウソ。

L1060508_800
Av  F2.8  1/320  +1EV   ISO200       Leica D-LUX3

こういう写真だと、カメラのレンズの周辺が暗くなっているのがよくわかる。
結局一時間くらい雪の中を歩き、連休で怠けきった体には結構いい運動になった。
帰宅する頃にまた吹雪いてきて、雪は夜になった今もずんずん降っている。

さて、明日の朝は…?!

|

« A HAPPY NEW RICKENBACKER Vol.2 | トップページ | グルグルずっしり »

02.Leica」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
拝見しに参上しました。

ふら・・とカメラ片手に散策。
いいですね。色んな思いも膨らみますね。

雪が降るとわくわくする・・わかります。
僕もその一人です。
生まれ育った千葉では
3年に一回程度雪が降る程度でした。
降ると雪合戦・ソリや自転車で遊んだっけ。
今も同じようなことしていますね。(笑)
brixさんのような北国の方は
逆に雪が嫌いという人が多いかもしれませんよ。

投稿: じゃっく | 2008/01/15 00:06

じゃっくさんこんばんは。
そういえばじゃっくさんは前にも雪が好きだと書き込んでくれましたね。
確かに北国の人は雪なんてうんざり、という人が多いと思います。
特にお年寄りには雪かきとか大変だし、事故もありますし。
でも、やっぱ雪やこんこんで、雪が降るとはしゃいでしまいます。密かに(笑)。

投稿: brix | 2008/01/15 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A HAPPY NEW RICKENBACKER Vol.2 | トップページ | グルグルずっしり »