« 母校周辺 | トップページ | アレ、きたる。 »

2007/09/15

久しぶりに音楽のこと。

まもなくこのブリグを開設してから1年が経とうとしている。
いやいや早いもんだ。
開設以来、白看やD-LUX3がらみの写真、そしてMINIのことが話題の中心になっているが、実はブリグには「ビートルズ」や「ギター・ベース」のカテゴリーがある(後者は「音楽や楽器」に改称)。
しかし、大学以来バンドはやっておらず、去年は忙しくて音楽どころではなかったし、今年も春からはガラっと環境が変わりいろいろとガヤガヤしていたので、なかなか楽器をやる余裕がなかった。
ビートルズについても、もちろん今でも僕の中でのNO.1バンドは彼らをおいて他にはなく、ほとんど毎日耳に入っている。
けれど、ビートルズに関してネット上には、僕が高校生だった当時、いろんな本を読み漁ってやっと得たような情報がいくらでも転がっているし、ビートルズは僕の生活にごくごく自然に溶け込んでおり、ことさらブリグにアップするほどのことは今更ない。
そんなこんなで、音楽や楽器、ビートルズカテの記事はほとんどなかった。

…以上、言い訳終わり。

さて先日、アコースティックピアノに触れる機会があり、弾いてみた。
すっかり弾けなくなっていた…。
もちろん僕はピアノを習ったことなどないし、せいぜいコードで伴奏をつける程度のことしかできないが、コードとかすっかり忘れしまっていた。
それでも久々にLONG AND WINDING ROADとか弾いてみて、なんてピアノがキレイなんだろうと今更ながら思った。
そんなこんなで、また楽器を復活させることにした。
ギターにしろベースにしろピアノにしろ、ヘタクソなりにも弾けなくなってしまうのは勿体無い。

そんななか、今日こんな本を本屋で見つけた。

4861912865

ポール・マッカートニーのベース本。
曲解説やスコアが載っているが、それほど目新しい内容でもない。
ビートルズ本は星の数ほどあるが、内容はどれも似たようなものなので、それほど最近では買わなくなっている。
でも、ポールとそのベースのみに焦点を当てた本と言うことならば、僕としては買わずにはいられない。
なんというか、内容はともかく、きれいな本だし、「持っていないといけない本」の類だろう。
価格は\3,500。
本としては多少高い方かもしれないが、他のものに比べれば本なんて安いもんだ。
なので、時々、立ち読みでは済まされない「持っていないといけない本」を見つけたときには、それくらいは値段を気にしないで迷わず買うことにしている。
ところでこの本、WINGS時代とか、ポールのソロ期にも言及してくれればよかったのになあ。
と言うか、いっそソロ期にのみ焦点を当ててもよかったんじゃないかと。

ちなみにこの本では、HELTER SKELTERのベースはジョンで、FENDER BASSⅵによるものとされていた。
僕としては(イメージ的に)、ポールのRICKENBACKER 4001S説を採りたいのに…。
この説はもはや支持されていないらしい…。
せめてジャズベでもいいからポールの手によるものだと…。

本を買って帰宅して以来、ビートルズかかりっぱなし。
今回の楽器復活は本気ですよ。
それを裏付けるかのように、勢いで?アレ、注文しちゃったし。

|

« 母校周辺 | トップページ | アレ、きたる。 »

07.GUITAR & BASS」カテゴリの記事

コメント

すっごい気になるんですけど!!アレってなに??視聴者のハートを掴みまくりだよ。 ・・・ジャンベ(笑)?

投稿: kim | 2007/09/16 20:50

(笑)
結構大物だよ~。
早ければあさってあたりに届きます。
来たら報告するね!

投稿: brix | 2007/09/18 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母校周辺 | トップページ | アレ、きたる。 »