« 旧橋ブリグ/白看ブリグ | トップページ | 白看ブリグ更新 »

2007/02/17

カメラ散歩 Vol.7

L1020884_800 L1020835_800
L: Av  F4.9  1/500  +0.3EV  ISO100    R: Av  F5.6  1/160  +0.7EV ISO100

普段我々が歩くときの目線の角度は、おそらく水平以下ではないだろうか。
僕は意識して猫背にならないように気をつけているつもりだが、目線が水平より下がることはあってもそれより上がることはほとんどないように思える。

L1020810_800 L1020834_800
L: Av  F5.6  1/500  ISO100    R: Av  F4.9  1/400  +0.3EV ISO100

ところで、今でこそ我が上山市内にもコンビニはあるが、僕が子供の頃にはまだなく、その代わり「○○商店」なんてのがあちこちにあり、卵やら豆腐やら日常のものを買いに行かされた。
そういう商店では大抵店舗正面の一階と二階の境目辺りから、直射日光が商品にあたるのを防ぐ、あれはなんというのだろう、カラフルに塗り分けられた暖簾のようなものが張り出していて、それをくぐって店に入ったものだった。

L1020839_800 L1020840_800
L: Av  F4.9  1/500  +0.3EV  ISO100    R: Av  F5.6  1/400  +0.3EV ISO100

その暖簾の高さは当然大人の背丈よりも高く、店で用を足す場合にはその暖簾よりも下、即ち一階部分でことが済むので、おのずとその範囲のみが目に入り、後になって店舗の様子を思い浮かべてみても、残っているイメージはほとんどその暖簾より下であることが多い。
それゆえ店が改築など行なう際には、最も客の目に入る一階部分が重点的に改装されることになり、改装により一見がらりと店構えが変わったように見えても、案外二階部分は従来の姿を留めている。
そういうのを眺めながら歩くのは新鮮だ。

L1020883_800 L1020842_800
L: Av  F5.6  1/400  +0.3EV  ISO100    R: Av  F5.6  1/320  +0.7EV ISO100

とはいえ、街中をキョロキョロと辺りを見回しながら他所様の家の二階ばかり見て歩くというのは、泥棒の下見のようでいかにも具合が悪い。
ましてやカメラを向けている。しばしば不審がられることもないわけではない。
しかし、そこは温泉の街かみのやま。ここぞとばかり観光客のふりをする。
おのぼりさんになるのかおくだりさんになるのか知らないが、キョロキョロしながら「温泉街から足を伸ばしてきました~」「風情のある街並ですねー」といった体で。

L1020898_800 L1020836_800
L: Av  F5.6  1/100  +0.7EV  ISO100    R: Av  F4.9  1/320  +0.3EV ISO100   Leica D-LUX3

モダンに改装したはずの一階部分が今となっては特になんということもなくなっているのに対し、二階部分の瀟洒な造りに目を引かれることがしばしばである。そのように二階部分のみ見て歩くと、記録写真集でみたような往年の街並が頭に浮かんでくるようだ。

僕が小学校低学年くらいの頃には、まだ買物は地元の商店街でするのが当たり前で、山形市街の大型店に買物に行くというのは結構なイベントだった気がする。
商店街の活気は今とはやはり違っていたように思えるが、もしかするとこれはたんなる僕の情緒的な思い込みに過ぎなく、変わったのはむしろこちらの方で、もしかすると街の方は当時も今もなんら変わるところはないのかもしれない。

|

« 旧橋ブリグ/白看ブリグ | トップページ | 白看ブリグ更新 »

02.Leica」カテゴリの記事

コメント

 brixさん、おはようございます。
 商店の二階の部分が余り手を加えられることなく残っているというのは、意外と気付いていないことでした。
 しんこや、はいつもいい店だなあとその風貌を見ております。丸善というのは何処でしょうか、この写真決定的瞬間になっていますね。丸善の影の文字は、見事に時間を切り取っていることを証明しています。
 十日町は、昔からの商人の町ですので、多く古いものが残っていますね。お城の月岡公園辺りから眺めると、豪壮な蔵がたくさんあり、その配列にも興味を覚えます。
 私は、デジカメを持っていないのですが、カメラは何万画素位のをお使いですか。また、趣味の範囲で気軽に撮ろうと思えば、どれ程の画素数がよろしい物でしょうか。お教え下されば嬉しう存じます。
 

投稿: 俳諧師 | 2007/02/18 08:44

おはようございます。
丸善、聞いた事ないですよね。実はまるやのハス向かいにある建物なんです。以前は吉田カメラが入っていました。
なんのお店だったのでしょうかね。親に聞いてもよく分かりませんが、ウチでは丸善サイダー説が一応有力で、他には魚肉ソーセージ説、檸檬の本屋説などがあります(笑)。
さてデジカメですが、一応僕は今設定により700~800万画素辺りで使っていますが、現在市販されているものであればどれも十分すぎるほどありますので、画素数はそれほど気になさらなくても良いと思います。
むしろ気軽に撮るのであれば、携帯性が一番だと僕は考えています。大きい一眼レフなどはそれは写りがいいですが、僕の場合どこへでも持ち歩く気になれないのでは意味がないですし、また街中や建物の中で撮っていてもそれほど目立たない点もイイです。
気軽な用途にはやはりデジカメは使い勝手がいいので、是非お使いになることをオススメします。

投稿: brix | 2007/02/18 10:35

 有難うございます。これから少し見てこようかと思います。
 一層の御健筆を。

投稿: 俳諧師 | 2007/02/18 13:42

brixさんらしい独特の目線での写真ですね。というかいきなりminiの広告がでてきて思わず笑ってしまいました(策士ですねぇ)。山形市内に買い物に行くのは私にとってもイベントでしたよ。今はなくなってしまいましたが、Aコープと矢来、二日町のヤマザワぐらいしか基本行きませんでしたから。今思えば二日町のヤマザワって凄い暗くて天井が低かった記憶が・・・。トキワ館はどうなったんだろうなぁ。

投稿: kim | 2007/02/18 21:20

>kimさん
Aコープ、二日町のヤマザワ、懐かしいねえ!よくAコープではビックリマンチョコを買いました(笑)。二日町ヤマザワは、店前の狭い駐車場とレジの辺りくらいしか覚えてないんだよなあ。中の写真とかあったらすごく見たい!思い出したい。よく行ってたはずなんだけど。
トキワ館はもぬけの殻みたいになってまだあるよ。次回カメラ散歩「新湯篇」やるからその時にでも。

投稿: brix | 2007/02/18 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧橋ブリグ/白看ブリグ | トップページ | 白看ブリグ更新 »