カテゴリー「01.MINI CooperS」の記事

2013/09/04

近況というようなもの

前回記事をアップしてからというもの、5ヶ月以上が過ぎた。
こんなにブランクが空いたことは初めてだ。
いつもは「早いもので気づけばもう9月…」というような書き出しにするのだろうが、いつもお決まりではつまらないし、ずっとアップしていなかったことは自分で気づいており、いかにも白々しい。
とにかくなんでもよいから何かそれらしいこと書かなければ、ブリグを再開するきっかけを作れない。
こういう風に、ごちゃごちゃ書いて、なんとなくまた書き始めるのである。

と前置きしたところで、その後のことを思いつくままつらつらと、箇条書きに挙げていく。

・異動があり、仕事が変わった。住所は変わらず。

・春が来て、夏も来て、秋が近づいている。

・どんぐりはアブラムシやアメリカシロヒトリの幼虫に悩まされながらも、元気に伸びている。
今朝は出勤前にアメシロの幼虫を20匹ほど退治した。
間もなく成長を止めるだろうが、春からの今シーズン、伸びれるだけ伸びたという感じで満足だ。

・家はまだ土地の造成が完了せず、未着工。
大体の設計は終え、今後は細かい内装などを詰めてゆく。
竣工は年度末の3月末を予定している。
どうやら本当に自分の家というものが建つらしい。

・昨年ドイツに行ってから1年が経とうとするのに、独逸阿房列車シリーズは未完。
これについては正直に自己申告しておく。

・MINIは壊れず元気に走っている。

・ギターは増えず、減らず、特に上手くもならず。

・カメラは増えず、減らず、特に上手くもならず。
M2は現在修理中。
近々レンズを1本処分し、手元にはズミクロン50/2を1本のみとする予定。

・ブログの画面の一番上に楽天の広告が出るようになった。
楽天以外の広告も出るらしい。
お陰で最近楽天で検索した商品―家につける照明や、涼しくなったので欲しくなったスーツ、サバカレーの缶詰―なんかがぐるぐる回っている。

本ブリグの内容に沿って書くとおおよそ以上になる。
もともとこれといって深い内容を持つブリグではないので、久々の再開のときも楽なのである。
今後、予定通り進めば、秋がしっかりと来て、引き続き冬が来て、さらに春も来て、家ができる。
今後のことを予定通り進めるには、何より元気でいることだ。
と、殊勝に思うのは、ブリグを始めた当時27歳だった僕が34歳になったからではなく、毎日肩コリと腰イタに悩んでいるからでもなく、健康診断を今日、受けたからである。

| | コメント (2)

2013/03/24

MINI12カ月点検

L1190118_800

春が来て、暖かくなった。
この4月で我がMINIははやくも7年目に入る。
今回の12カ月点検の結果、交換部品は結構な数になった。
まずはバッテリー。前回の車検時にも結構劣化していたが、前回は充電だけ行い、交換は見合わせていたので、よく持った。
リアブレーキパッド、ディスク。前回はフロントを交換。これも良く持ったと思う。
ウォーターポンプ。昔から冷却水がどうも減るなとは思っていたところ。これのせいだったのかな?
エンジンファンベルト。何をするモノなのかはわからない。ひびが入っていたらしい。
そのほかワイパーや電球やら。
費用は結構嵩んだけれど、僕には自分でやれる作業ではないし。まあクルマなんて便利なモノを使っているのだから仕方ない。

今日はタイヤを夏タイヤに交換し、きれいさっぱりと洗車。
さすがにところどころ傷みは少しずつ出て来ている。
でもなんのなんの。
今はまだ青空駐車だけれど、来年の今くらいには念願のガレージに入れてやることができる、かな。

| | コメント (0)

2012/06/30

MINI Inspired By GOODWOOD

あっという間に6月が終わろうとしている。
驚くべき速さだ。
アップライトベースの練習もままならないまま、日々に追い立てられるように、夏が来ようとしている。

さて、MINIのディーラーからなぜかネイルケアイベントの案内が来たので、妻の爪の飾り付けを口実に、ディーラーに行ってみた。
僕がちょっと気になるのは、爪ではなく、MINIの限定車。

L1160004_640

MINI Inspired By GOODWOOD
ロールス・ロイスのデザイナーが内装のデザインを手がけた、特別仕様車で、世界限定1000台、日本60台とのこと。
新潟には当然この1台のみ。
お値段は、およそCOOPERの倍くらい。

L1160006_640

確かに内装はゴージャス。
床までクマのぬいぐるみのような毛に覆われている。
車体色も通常の黒とは異なり、ロールス専用の車体色なんだそうだ。

L1160009_640

こちらは割と最近お目見えした、ロードスター。
クーペも展示してあったけど、興味がないので写真を撮り忘れた。
大人数で乗ることはなくても、2シーターは現実的ではないので、見るにも力が入らない。
木工の材料や、ギターケースを積むためにも、後部座席はやっぱり必要。
屋根を開ければ長物が積みやすいところが、オープンの利点。

L1150960_640

僕のMINIはというと、先週久しぶりに妻のマーチとまとめて洗車。
アンテナのゴムとボンネットストライプが劣化してきたので、ここらで交換。
細かい部品は劣化したらきちんと交換し、大事に、乗るよ。
相変わらず、僕にとっては最高の1台。
他に欲しいクルマなんて、ない。


| | コメント (0)

2012/03/17

MINI 2回目の車検

MINIに乗り始めてから早満5年を迎え、二回目の車検を行った。
オドメーターは61,102km。

僕がMINIを買った時期は、R56にモデルチェンジしたての時期で、まだ正式なカタログも見ないうちの発注だった。
その後、MINIはどんどんバリエーションが増え、クラブマン、クロスオーバー、クーぺまで出ている。
特に最近はクロスオーバーの勢いがよく、ハッチバックのMINIはディーラーでも肩身が狭そうにしている。

さて、今回の車検では、ついにフロントブレーキパッドを交換。
これが結構高くつくけれど、5年も良く持ったなあという感想。
もっと早く交換のタイミングが来るかと思っていたのだ。
バッテリーも弱ってきつつあるけど、これも交換するとなるとそこそこするので、これは今回は充電のみを行い、今後いよいよ弱くなたところで随時交換。
また、特に寒い日なんかにエンジンを掛けると、ガラガラと音がすることがあったので、そこも良く見て見らった結果、エンジンテンショナーなるものも交換することにした。
他は特に致命的に痛んだところはなく、まずまず想定内の費用に収まった。

L1150388_640

キーの周りのメッキリングがいつの間にか取れてなくなっていて、しまりのない感じになっていたのだが、今回部品を取り寄せて直してもらった。
部品はプラスチックから金属製に変わっていて、これなら落としてもメッキがはげることもない。

MINIの車種は増えようとも、当然僕のクルマはこれからもずっと乗っていくつもり。
今後、ボンネットストライプの貼り替え、再コーティングを考えている。
痛んだパーツは適切な時期に交換し、いつまでもグッドコンディションで乗り続けたい。

| | コメント (2)

2012/02/05

道グズグズ。

今回の大雪で、新潟市内にも例年以上の雪が積もった。

L1150241_640_2

都会の人は「にいがた」「えちご」と聞くと、北越雪譜のような雪に閉ざされた世界を想像しがちかもしれないが、あれは新潟県中越地方の山間部のお話。
新潟市内の雪はいつも全く物足りないほど。
それが今回は、結構降った。

L1150293_640

幹線道路は除雪されたが、僕の家の近所は細かい住宅地になっており、なかなか除雪車はやってこない。
湿った雪はグズグズに崩れ、轍が深く刻まれ、クルマがロクに進めない。
細い路地ではスタックするクルマがあちこちに…。

今日は午前中日帰り温泉に出かけ、なんとか立ち往生せずに帰ってきたけれど、車高の低いMINIは、除雪されていない路地ではラッセル車状態。
しかも帰り道では、除雪車が道を塞ぎながら奮闘中で、他の路地を迂回する羽目に。
ハンドルは笑ってしまうくらいとられ、何かのアトラクションのよう。
いつもなら5分足らずの道のりに、30分ほどもかかってしまった。

L1150290__640

前を走るおばちゃんがスタックしたのを掘り出し、家の前でおじちゃんがスタックしたのを後押しし、ちょいと家の前の雪かきをし、ちょっと体が痛い。
一昨年まで上越に住んでいた頃は、ハードな雪かきなんか毎晩だったけれど、新潟に越してきて以来、雪に弱くなってしまったのかも知れない。

雪の多い地域ほど除雪は行き届いているので、こういうそれほど雪に慣れていない街中の道の方が始末が悪い。

今も遠くでスタックから脱出を試みるクルマのエンジンの音が聞こえる。

| | コメント (0)

2011/12/11

冬が来る。

L1150125_640

寒くなり、洗車が辛い季節になってきた。
もうこの先数カ月は、新潟で太陽を拝むことはできないかもしれない。
それほど、荒れた、暗く寒い日々が続く。
引っ越す前に比べれば、洗車の回数は激減しているが、日々休みの日でもいろいろあるので仕方がない。

冬を前に、この前久しぶりに洗車をした。
そしてこの週末はタイヤ交換。

毎年同じようなことを書いているが、本当にあっという間に日々は過ぎ、いよいよ12月。
寒くなったが、街は華やぎ、特に何があるわけでもないが、心躍る年末年始。
僕の大好きな季節がやってきた。
クリスマス後くらいから正月にかけての、あの高揚感は、たまらない。

| | コメント (0)

2011/04/24

GWじたく。

L1130701_640

今年のゴールデンウィークはけっこう並びがよい。
そこで、クルマで行く旅行を計画している。
実は本来ならば、青森~岩手の旅行も計画していたのだが、震災により、取りやめた。
そちらへは、もう少し落ち着いてから行かせてもらうことにして、足を西に向けることにする。
その準備として、今日は朝からじっくりと洗車をした。
窓には撥水剤でコーティングもしてやる。
妻のマーチも同時に洗ったので、2台分、けっこうな仕事になった。
普段MINIの洗車に慣れていると、マーチですらけっこう大柄なボディに思える。
マーチですらこうなのだから、ステップワゴンやらエルグラントやらのでかいクルマはよく見かけるが、あんなクルマの洗車、気が遠くなりそうだ。
洗車直後に雨がぱらついたのには目をつむるとして、久々に内外ともにスッキリ。
これで気持ちよくドライブできる。

午後からは、自転車に乗ってサイクリングへ。
新潟市内には、鳥屋野潟というでっかい潟があり、そのぐるりを桜を見ながら走る。
桜は見頃のと散り始めのとが混じっている。
今年は自転車に乗ろうと思う。
去年、通勤に使おうと、気合を入れて修理に出したのだが、結局ほとんど乗らなかった。
今年は自転車を活用し、市内いろんな所へ行ってみようと思う。
もちろんライカをぶら下げて。
花見客のクルマで混雑する中、すいすいとおよそ15Km近くを走り、桜を見、パン屋でパンを買い、CDをレンタルし、酒屋でビールを買って帰ってきた。
運動もでき、お腹もすき、桜も見れて、満足。
お金なんてかけずとも、買い物なんかしなくとも、十分楽しめる。
街中の混雑のなかクルマを走らせても楽しくない。
そういうところは自転車だ。
そして、来週末は一転、クルマでどーんと遠くに行ってみようと思う。

| | コメント (3)

2011/04/03

MINIで敵地イタリアへ。

L1130635b_640

春になり、暖かくなったので、MINIのタイヤを夏タイヤに交換した。
やっぱり純正の☆型のホイールより、MINILITEの方が適度にボリューム感もあり、カッコいい。
タイヤは去年新調したばかりだし、ETCはようやくつけたし点検は先週終えたばかりだし、ハンドルはぐっと重くなり、タイヤはずっと堅くなり、このままびゅっとどこかにドライブに出かけたくなる。

なんとなくクルマに関して心浮き立つ気持ちなれば、ふとFIATのディーラーに行ってみることにした。
言うまでもなく、クルマの買い替えの算段でも何でもないのだが、FIATのディーラーの前はよく通る機会があり、そこに並ぶFIAT500をよく信号待ちの時に眺めていた。
愛車のマーチ以外には目もくれない妻も、最近出た新型マーチが、全く平凡な顔になってしまったこともあり、チンクには好感を抱いている。
という訳で、軽快になったMINIに乗って、敵地イタリアに乗り込んでみる。
MINIの祖国イギリスと、FIATおよびALFAROMEOの本拠地イタリアは言うまでもなく第二次世界大戦の敵国同士である。
しかし、今となってはMINIはかつての敵国ドイツと懇ろな関係になっており、戦後60年の長さが実感される。
そんなことを考えながら敵地FIATおよびALFAのディーラーを捕捉し、いざと右折したものの、そこは同盟国フランスのシトロエンのディーラーだった。
まごまごしつつ敵地にMINIを移動させ、こっそり駐車する。

L1130641b_640

敵地イタリアに来たものの、アンケートにお答えすると、追い払われることもなく親切にしていただいて、今回乗せていただくクルマは、1.2Lの「POP」。
試乗車は他に1.4Lもあったけど、とりあえずベーシックなやつを。

L1130637b_640

オートマチックとマニュアルの混ざったようなギアで、慣れるまでは難しい。
1.2Lとはいえ、踏めばちゃんと加速して、一般道を走る限り辛そうな感じもあまりない。
車体はMINIやマーチを運転するよりずっと小さい印象。
ドライビングの感触が云々、なんてのは知らないが、内装はイタリアっぽく明るくおしゃれで、まさに「POP」といった感じ。
ドアもガチっと閉まり、ボディもしっかりした印象。
失礼ながら、正直イタリアのクルマって、もっとフニャフニャしているのかと思っていた。

L1130642b_640

僕がいいなあ、と思って見ていたのは、奥のくすんだグリーンのチンク。
限定色だったらしいが、レトロっぽくていい色だ。

L1130645b_640

妻のお気に入りは、「パソドブレレッド」という難しい名前のついた赤いキャンバストップの500C。
トップだけが開くというのも、所謂オープンカーとは違った解放感がありそう。
買うならこれか。

L1130647b_640

ALFAのMITOも気になるクルマ。
最近のALFAのクルマはみんな怖い顔をしているけど、これはMINIのように間抜けた顔をしているところに親しみがわく。
これのマニュアルのやつに乗ってみたい。
けれど、チンクの方がスタイリングとしては際立っているので、買うならチンクの方がいいかな?
当然、上記「買うなら」はその字のとおり買うとするならば、ということであり、そこに現実感は全くない。
けれども、あれこれ考えるのは楽しいこと。
チンクとMITOの分厚い立派なカタログももらってきた。
つかの間の現実離れした楽しいひと時をありがとう、ディーラーさん。
今度、MITOとジュリエッタにも乗せてください。

| | コメント (2)

2011/03/27

地震と、MINI 1年点検

今回の地震の被害・世の中への影響はあまりに大きい。
首相が会見の中で、「戦後最大の国難」という表現を使ったことが印象的だ。
あの大惨禍の太平洋戦争以来の国難。
あの首相の言葉ながら、身が引き締まる思いだ。
福島の原子力発電所の様子もずっと気になっている。

元暦2年(1185年)の大地震についての記述が『方丈記』にある。
山は崩れて川を埋め、海は傾き陸地を浸した。
小さい子を失った武士は、人目もはばからず嘆き悲しんだという。
そこに描写される惨状、子を失った親の悲しみは、それから800年以上も経った今でも何一つ変わることがないだろうと想像する。
そんなことを僕が想像してどうなるということもないのだが、幸いにして直接的な被害を被っていない僕には、想像することしかできない。
誰かに代わって悲しむことはできないし、政府はこうすべきだ、東京電力はああすべきだ、などという意見を声高に主張することもできない。
想像しながら、できること、与えられたことをするほかないのだろう。

しかし一方では、一見いつもと変わりないように見える毎日もやってくる。
今日も散歩に向いた穏やかな休日だ。
僕のMINIは5年目を迎えようとしており、今回1年点検を受けた。
走行距離は50,000kmを越えたところ。

L1130623b_640

さすがに5年目、5万キロオーバーともなると、ブレーキパッドの交換が必要になっているかもしれないと思い、相応の出費を覚悟していたのだが、パッドの残量は十分にあり、田舎暮らしの長かったわがMINIの健康体ぶりを実感する。
その他バッテリーやフィルター類の消耗品も交換の必要がなく、整備の中身としてはこちらが指定したオイルとワイパーゴムの交換くらいなもので済んだ。
ディーラーの駐車場には、ハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーと、バリエーション豊かな車種が並ぶようになり、新色もいろいろ出ているようだが、わがMINIにはこれからも末長く走ってもらうのだ。
下手な改造などには目もくれず、セオリー通りのメンテナンスを淡々と施していこう。

震災があり、戦後これまで続いてきた日本の流れの方向が変わり始めているのかもしれない。
誰も気づかないところで少しずつ。
それがどういう方向なのかは、おそらく誰にもわからない。
けれども一方で、僕の日常は確実にここにある。

| | コメント (2)

2011/01/30

つけちゃうよETC。

L11304242_640

間もなく50,000kmを迎えようとしている我がクルマは、今月が何かの点検の月らしく、その旨のメッセージがエンジンをかけるたびにピンポンピンポン、という音とともに表示される。
車検は春にちゃんとやったし、はて何だろう。
そんな折、MINI新潟が新装開店とのことで、早速点検がてら行ってみることにした。
これまでのMINIは、BMWの建物に間借りしていたのだが、今回晴れて独立と相成ったらしい。
場所はこれまでのところのすぐ近くで、便利なところだ。

L1130420_640

つい先日、クラブマンに続く新しい車種のクロスオーバーなんてのが出て、一番いいところにわがもの顔で陣取っている。
個人的には好きではないが、4ドアになって使い勝手が良くなったらしく、お客さんにも注目されて、得意げにしている。
また、従来のMINIたちもマイナーチェンジされ、内外装ともにちょこちょこっと変更されている。

L11304162_640

僕のクルマの色の、ブリティッシュ・レーシング・グリーンという緑色も、今回ついに廃番となり、ブリティッシュ・レーシング・グリーンⅡという色に取って代わられた。
これまでの緑よりもやや明るくなり、微妙に黄色がかった雰囲気。
当然これまでの自分のクルマの色の方がいいと思うのは仕方がない。

僕のクルマはというと、特に点検は必要なく、そこはリセットしてもらったからいいのだが、新たな不具合が見つかった。
なんでも、入れているギアの段をコンピュータが違う段に認識しているらしい。
それがどこにどのように影響するのかは分からないが、これはプログラムの更新をすることで治るらしい。
また、見積もりを聞いたら案外お手ごろだったので、遅ればせながらついに我がクルマにもETCをつけることになった。
単調な高速道路はあまり好きではなかった僕だが、短時間で遠くまで行けるメリットには抗いきれないようになってしまった。
昔のようにお金も仕事もないけれど、時間だけはたっぷりある、という頃に戻りたいとは思わないが、少々残念な気もする。
下道ばかりか、わざわざトンネルも通らず峠道をとぼとぼ三重までドライブに行った頃の気力と体力が懐かしい。
なにはともあれ、これで道路上ではスイスイ追い抜いてきた他の車に、料金所でまごまごしている間に抜かれてしまうという悔しさを味わうことがなくなるのだ。
めでたい。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧