カテゴリー「04.Diana+」の記事

2009/06/08

なおえのつ

File0004_640_3

大河ドラマ『天地人』で、最近名前が売れている新潟県上越地方。
その中心である高田や直江津には、古い街並みが残り、なかなか趣深い。

今にも降り出しそうな曇天の下、ダイアナに消費期限切れの古いフィルムをつめて歩いた。
これは僕の勝手なイメージだけれど、直江津には曇り空が似つかわしい。

File0001_640_3
Diana+ /KONICA CENTURIA400 /上越市直江津

途中で雨は本降りに…。
直江津、ここはまだまだ歩けば歩くほど、面白い物が見つかりそうな気がするぞ。
また曇った日に、再訪するとしよう。

| | コメント (0)

2008/09/27

Diana+ 35mm BACK!

File0003p_640_3

先日、早めに寝たら夜中に目が覚めた。
寝付けなくなったので何気なくネットを見ていると、Diana+に35mmフィルムが使えるアダプターが発売されたことを知った。
反射的に注文したのだが、注文後何の音沙汰もなく数日が過ぎ、あれは夢だったのかもしれないと思い始めた頃、届いた。

ブローニー版には新鮮な面白さがあるが、12枚ほどしか撮れないことや、現像に時間がかかることなど、やはり手軽とは言えない。
今更フィルムに手軽だどうだと言っていること自体ナンセンスだけれど、35mmが使えるメリットは少なくない。
さらに、ホルガのようにフィルムの送り穴まで感光した撮り方もできるということで、これまた興味をそそられる。

File0006p_640_2

撮りおえて、問題がひとつ。
送り穴までプリントすると、通常の倍くらい料金がかかることが判明。
そして近所の写真屋じゃやってくれない。
フィルムはお手軽になったものの、プリントはお手軽じゃなかった。
そこで、古いエプソンの透過原稿対応スキャナを借りてきて、近所の写真屋では現像だけしてもらうことにした。
その後ネガをスキャンし、プリントする際にはそのデータをデジカメプリントとしてプリントしようという企みだ。
最終的にはデジカメプリントとは、はじめからデジカメ使えば…と突っ込まれそうだけれど、そんな野暮なことは言わないように。

File0007p_640

送り穴までスキャンすると言うことは、付属のフィルムホルダが使えないということで、フィルムを原稿台のしかるべき位置に固定するのにも意外と手間がかかる。
なかなか一筋縄ではいかないが、試行錯誤して、とりあえず取り込むところまではできた。

スキャンからプリントまではまだまだ工夫が必要だけれど、35mmにまで門戸を広げ、民主化の進んだダイアナさんは、面白さ5割増し。
また、35mmのアダプターのおかげで、若干本体の重量感が増し、手になじむようにもなった。

File0010p_640
Diana+ /AGFA Vista400 /新潟市角田浜

ここは新潟市の西のはずれの海水浴場。
夏は賑わうここも、カップルが一組。
あの活気はどこへ行ったのか、今は夏の残滓のような景色が広がっていただけ。

| | コメント (4)

2008/09/13

深い森と花畑

Save_512_3
Diana+ /Kodak PORTRA 400VC /新潟市鳥屋野潟公園

ダイアナさんから1枚。
深い森なんかじゃなく、うす曇の夕方、新潟市内の公園で。
ダイアナさんのレンズはとっても暗いので、結果思いがけない雰囲気に。

| | コメント (3)

2008/08/21

これは「スイーツ(笑)」なのか?!

Save3_512_5

このまえ戯れで買ってみたダイアナさんの写真が、フィルム2本分できあがってきた。
大手カメラ屋に出しても、結局これもポジフィルムと同じ現像所送りになってしまうので、どうしても時間がかかる。
なかなか取りに行く時間もなく、今日仕事帰りに受け取ってきた。

Save1_512_3

ワクワクと、早速駐車場にクルマを停めたまま、プリントを見てみる。
案の定、手ブレが多い。
さすがに手ぶれってのも恥ずかしいが、初めの2,3枚はつい力が入ってしまって、見事にぶれていた。
このカメラ軽いし、シャッターレバーも慣れない位置にあるので…、と言い訳をしておこう。

Save0003_512_3

感想は…、「らしい写真」が撮れた気がする。
レンズ周辺の光量落ちはこれ以上ないくらいだし、これが光漏れと言うのかよくわからないけれど、赤や白やいろんな光が至るところに現われている。
フィルムの入れ方や巻き上げ方が悪いのか、微妙にコマの中心からずれている写真や、若干傾いている写真もある。
白フチの幅も上下左右でまっちまち。
このユルユルな感じ、どっかの雑誌やなんかで見たような雰囲気そのままだ。

Save4_512_2 

正直言いますと、スターバックスコーヒーなどにはできるだけ入りたくない(入れない?)僕としましては、トイカメラやその周辺の、いわゆる「スイーツ(笑)」的なイメージにはなかなか抵抗がありました。
「スタバ」でコーヒー飲むよりは、公園のベンチに座って亀でも眺めながらジョージアエメラルドマウンテンを飲む方がずーっと寛げる僕です。
けれども、イヤよイヤよもスキのうちともよく言うし、抵抗があるということは意識しているのであり、何らかの興味を持っていることの裏返しなのかもしれない。
これは実践もしないで傍観者として批判的な視線を送り続けるよりは、自ら実践し当事者となり、その上で判断するのが妥当と言えよう、と真面目な僕は考えたのであります。

Save0002_512_3

そして実践してみた結果、これは楽しいと思わざるを得ない、と思うに至ったのでありました。
巻き上げも、光の漏れも、ファインダーから覗く像も、全て曖昧で、できた写真もまた曖昧で、こんな曖昧だらけのカメラは、「ちゃんとしたカメラ」をちゃんと併用しないと、曖昧が当たり前になって、「曖昧な写真」すら曖昧に見えなくなってしまって、逆に「曖昧な写真」のおもしろさがわからなくなってしまうような気がするのですが、そんな理屈はどーでもいーのよ、と言われてしまいそうな、ダイアナさんなのでした。

Save0001_512_2
Diana+ /FUJICOLOR PRO400 /上越市内・新潟市内・聖籠町内

こんな自分の中の葛藤をも引き起こしてしまうトイカメラの世界、すぐに飽きるか、はまるか、自分でもまだよく判らないのですが、もし僕のように懐疑的な人がいましたら、まずは一度試してみることをオススメします。

途中からいつの間にかですます調になってしまったのは、自分が言い訳してるなぁという自信のなさのあわられと思われます。
また、「自動補正なしでお願いします」という、「スイーツ(笑)」的なイメージの雑誌で覚えた台詞を、今回実際に使ってみたことはココだけの秘密にしましょう。

| | コメント (5)

2008/08/03

ダイアナさん

Zeiss Ikonはその後、不具合が発生して中野送り。
夏休みまでには帰ってくるといいのだけれど…。
残念だが仕方ない。気持ちよく使えるようになって戻って来ておくれ。

せっかく買ったカメラが使えないのでは面白くないので、その代替要員として、余っていた楽天ポイントでおもちゃを買ってみた。
今日はそれを試してみる。

L1080426_800

このロッテのチョコパイのようなパッケージの中身は、初めて使う120フィルム。
なんだかすごくおいしそう。
どきどきしつつも無事装填し、炎天下の下、外へ。
今日のような猛暑の中、しかも午後2時という酷暑のさなか、わざわざ出歩くこともないのだけれど、このおもちゃは明るい下で使えとの指示が出ているので、律儀な僕はそれに従うのだ。

12枚撮りのフィルムはあっけなく終了し、おもちゃ終了。
もうおもちゃでは遊べなくなったので、そのおもちゃをモデルにして撮ることに。

L1080427_800

今回のおもちゃはこのダイアナさん。
造りはこの上なくチープで、部品のほぼ全てがプラスチック製。
もちろん、MADE IN CHINA。
そんなナリにもかかわらず、中判カメラに分類されるところが、「あたし、安くないのよ」と気位が高そげで愛嬌がある(安いんだけど)。

L1080432_800 L1080437_800

シャッターはレンズの横っちょに飛び出ているレバーで、手ごたえも何にもない華奢なもの。
シャッターが切れているのか不安になるし、なにしろボディが吹けば飛ぶような軽さなので、手ブレも怖い。
フィルムを巻き上げなくとも撮れてしまうので、巻き上げたかどうかもわからない。
目測でのピントあわせも、明るさ(絞り)の設定も忘れがち。
万事フワフワとおぼつかなくなんとも頼りない。

L1080433_800 L1080438_800

僕は今だに「キッチュ」の意味を正確には知らないが、HOLGAのような「キッチュ」で「ポップ」なトイカメラの、「ユル」くて「ハイキー」な描写は、オシャレ写真としてもてはやされている。
僕としては、キッチュもポップもどうでもいいけれど、この軽ーいカメラをブラブラさせながら散歩するのはやはり楽しい。
おかげさまで、一生手にすることもなかったかも知れない120フィルムを使ってみることも出来たし、ダイアナさんどうもありがとう、である。

L1080435_800 L1080440_800_2

自販機を横目に、いつものことだが財布も持たずにでてきたことや、いつの間にか遠回りしすぎていたことを後悔しながら、額からざぶざぶと流れる汗を僕の太目の眉毛でガードしつつ何とか帰宅。
花火の残りかすみたいなフィルムを取り出す。

L1080441_800

いつの間にかもう8月。
隅々まで夏だった。

| | コメント (3)